バレンタインデーにはビーフジャーキー 2018

c0025348_23545012.jpg
GODIVAが「日本は義理チョコをやめよう」という新聞広告を打ち出した2018年2月。

高級なチョコレートを義理でバラまく女性がどれくらいいるのか計り知れないところだが、ブラックサンダーを青ざめさせるには相当な効果があったに違いない。

が…いっそのこと義理チョコをやめよというより、「チョコを贈る」という発想さえ捨ててしまえば良い。そう、我が家のようにね。

バレンタインはビーフジャーキーだろ?

その日、配偶者が収納をガサゴソしているなぁ…と思って見ていたら、振り向きざまに「ハダカで悪いけど、はい、これ!」と手渡してきたのが、恒例、テングのビーフジャーキーである。

一応断っておくけれども、「ハダカで悪いけど」というのは「配偶者が全裸」という状態ではない。「ラッピングはしてないけど」という意味である。

年々ラッピングは簡素化しているが、それが粗野だとは思っていない。要は何を贈るかであって、外装のことはどうでもいい。

昨年は諸般の事情で、Amazonの箱に入って届けられたのだが、今回はいよいよノーラッピングの域に到達した。おそらくこれが最終形態だと信じたい。

ビーフジャーキーを受け取ったオレは「やったね!」と小躍りをキメた。

バレンタインデーにビーフジャーキーを贈る習慣が始まったのは、このブログの過去記事によると、2010年。今回で通算8回目。

ここまで続けてこられたのは、年に一回のイベントだからだろう。8年の間に「もうダメです。やっぱ、チョコに戻して」と泣きを入れたことはないし、たぶんこれから先もないだろう。

おそらく、ビーフジャーキーが自分にとって「たまに貰うと嬉しいもの」だからだ。日常的に食べるものではないし、お店では見かけるけど積極的には買わない。そういう絶妙な距離感を保っている品物がビーフジャーキーなのだと思う。
※個人の感想です。

2018年のバレンタインデーを迎えるにあたって、ビーフジャーキー業界がピクリとも動かなかったのは残念だ。しかし、どの業界にも「チョコに飽きたら」という、あわよくばのビジネスチャンスが潜んでいることは忘れてはならない。この名言がすべてを証明しているではないか。

「おせちに飽きたらケンタッキー」

[PR]
# by riv-good | 2018-02-15 23:28 | ヒトの衣谷さん

【謹賀新年】2018年の三が日

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

正月一日は長崎の老舗料亭「坂本屋」のおせちで幕を開けました。

c0025348_21514591.jpg

そして、諏訪神社へ初詣。

c0025348_21565556.jpg

おみくじの結果は・・・大吉!

c0025348_22090046.jpg

「次第に運はひらけ幸福は増し、商売は繁盛します。しかし安心して油断するとせっかくの幸が禍となります。用心することです。」
はい、用心いたします…と誓ったその刹那から、わたくしは安心して油断してしまっていたのでしょう。

正月二日は、頭痛と発熱によりダウン!早速体調を崩してしまいました。

日付はあっという間に正月三日。

坂本屋のおせちも食べ尽くす頃合いとなり、家族からは「ピザ食べた〜い」とのコールが鳴り止まず、自家製ピザを焼きました。

c0025348_21580860.jpg

書き初めよりも何よりも早く、

ピザ初め。

よし、今年ももっとピザ焼こう。

以上、瞬く間に過ぎ去った正月三が日の出来事。

[PR]
# by riv-good | 2018-01-03 22:37 | ヒトの衣谷さん

諫早市飯盛町【MORIYA】で日替わりランチ

自宅で料理に使っている塩は、有喜(諫早)の「なかよし村」か京泊(長崎)の「がんばランド」にしか売っていないという。

塩を買うついでに、諫早のMcCafeで一仕事しようと思い立ち、その日は「なかよし村」を目指して国道251号線へとクルマを走らせた。

時刻は間もなく正午。このままMcCafeに直行してランチもコーヒーも済ませてしまうつもりだったが、そういえば先日、デラックスバーベキュー・ビーフを食べたばかりだ。諫早に何か他の食べたいものがあるだろうか…と思いあぐねているうち「MORIYA」というお店ができたことを思い出した。

MORIYAは国道251号線の飯盛エリアにある。そこでランチを済ませて、McCafeではコーヒーを飲もうと決めた。

c0025348_00492981.jpg

店内の雰囲気は洗練されている。イスやテーブルには陳腐さがなく、デザインされたものが配置されている。BGMもシャレオツ。

(いかにもSuchmos(サチモス)が流れてきそうだな…)

と思っていたら、本当にサチモスの"Stay Tune"が流れ始めてきたほどだ。

ランチメニューには日替わり定食・日替わりオムレツ・日替わりパスタ・お子様プレートの4種類がある。

中でも日替わりランチは1日10食限定。MORIYAがいかなるお店かを知るにはコレがイチバン!ということで日替わりランチ(890円)をオーダー。ランチメニューにはサラダバーとドリンクが付いている。食後にホットコーヒーを頼むと、すぐにサラダバーを案内された。

c0025348_00494201.jpg

日替わりはワンプレートに4品のシンプル構成。からあげ・チキン南蛮・じゃがいものマヨネーズ焼き・諫美豚(かんびとん)と茄子の炒め煮。一品ずつがいちいち美味しい。ゴハンや味噌汁にさえ、一分のスキがない。諫早のポテンシャルの高さを思い知らされる食材群。すごいぞ!

食後はコーヒーを飲みながら、何度もメニューに目を通した。ほぼ無意識ながら次の予定を立てていた。

(このクォリティーならパスタもオムレツも美味しいに違いないし、わぁ、スパイシーチキンカレーもある!チキン南蛮ももっと食べたい!)

心のなかで大はしゃぎをした。このままでは、少なくともあと4回は通わなくてはならないだろう。

店を出てクルマに乗り込むと、もはやMcCafeでコーヒーを飲む必要がないことに気づいた。完全に満足してしまったのだ。

(そうだ。なかよし村で塩を買って、自宅に戻って作業をしよう)

帰宅すると、買ってきた塩をキッチンに置いた。数時間後、仕事から帰ってきた妻がそれを見て思いがけないことを言った。

「その塩、違う。美味しくないヤツ」

「えっ?」

1kgもの違う塩を買ってきたわたくし…また買い直しに行かねばなるまい。ついでにMORIYAでランチをせねばなるまい。

[PR]
# by riv-good | 2017-12-01 16:35 | 長崎の呑喰道楽

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る