【長崎 立山公園】桜の名所 見頃ピーク

長崎市の桜の名所の1つ立山公園。

今年は桜の開花が早いと言われていますが、どの程度早かったかというとですね。

はい、これが昨年の開花状況。

▼2017年3月27日
c0025348_23530056.jpg
んー、この時点でお花見をしたい気分にはなれませんね…。

そして、これが今年の開花状況!

▼2018年3月27日
c0025348_23534001.jpg
満開でございます。咲いたのが早い分、もう散り始めているほど。

ところで、立山公園は夜桜が楽しめるようライトアップされるのも特徴的。

公園を取り巻くようにぼんぼりが設置されていて、夜間は桃色に点灯。山全体が隠微な(?)雰囲気に包み込まれます。
c0025348_23543069.jpg

立山公園からは長崎港・女神大橋方面も望めます。
c0025348_23543403.jpg

c0025348_23543799.jpg

さあ!散り始めた桜を拝める日数は残り僅か!
今週末まで保つといいな〜。



[PR]
# by riv-good | 2018-03-27 23:47 | 旅道楽

めかぶの時季が到来

木曜日の夜はワタシが料理当番。とはいえ、仕事もせねばならんので、簡単なものを作って何とかしのいでいる。

まずは冷凍庫に眠っていたブリの切り身を照り焼きに。
c0025348_22184183.jpg
レシピはiOSアプリ「ゼクシィキッチン」に掲載の
分とく山・総料理長 野崎洋光氏のものを参考にしている。

息子はひと噛りして「ウマイ!」と叫び、魚が大好きな娘は2枚食べた。親の取り分を確保するのが、もう大変(汗)

子どもの胃袋が落ち着いてきたころに料理をスタートしたのが、めかぶですよ。めかぶ。

めかぶと言えば、この記事を書いてもう一年が経ったのか…と過ぎゆく時間の速さにア然としました。
午前中、たまたま立ち寄ったスーパーの鮮魚コーナーで「わかめ」とラベリングされたパッケージを発見。いやいや、これはワカメというよりむしろ「めかぶ」だ!

昨年の経験のおかげで、めかぶの旬は短いと知っていたし、見つけ次第 買い!ということも心得ていたので、2パック購入。
c0025348_22290786.jpg


茹で上がりは美しいグリーン。

c0025348_22334116.jpg
昨年同様、南島原・喜代屋「うまいんで酢」で美味しくいただきました。あっという間に完食。

2パックどころか買い占めてきても良かったな…。この時季のめかぶは、とにかく見つけたら買い!

[PR]
# by riv-good | 2018-03-15 22:14 | 長崎の呑喰道楽

エム・トゥ・エムのカレールーで「カレーうどん鍋」

息子(4才)「今日のゴハンはなに?」

俺「カレーうどん鍋」

息子「やったーー!カレーうどん鍋だーー!2017もたくさん食べたから、2018も食べたーーい!」

俺「2018…」


はい、ということで、我が家で大好評の「カレーうどん鍋」のレシピを紹介いたしましょう。


スーパーに行けば、いろんな種類の「お鍋の素」が並んでいますが、我が家では甘口のカレー粉を使います。


c0025348_21301176.jpg


今回の具材は、

・白菜(南島原産)

・栗原ねぎ(雲仙市)

・豚肉(五島産)

・力久商店のがんもどき(雲仙市)

・北浦うどん製の手打ち風うどん(諫早市)

という、ゴリゴリの地産地消のラインナップ。


県産にこだわらなくても、各地のねぎ・肉・うどんがあれば、美味しいものができることでしょう。


【ざっくりとした作り方】

1. 鍋に水800ccを入れて好みのダシをとる

  ※カツオだしがオススメ

2. 具材を煮込む

3. 火を止めて、甘口カレー粉を大さじ4

4. 塩を大さじ1/4

5. 食べる直前にうどんを入れて、少し煮込む


はい、できあがり!


【使用するカレー粉】

カレー粉は、「エム・トゥ・エム」というメーカーの甘口を使っています。


本来はカレーライスを作るためのカレールーなのですが、鍋の味付けに使ってみると「おっ?!」と驚くほどマイルドな味わい。甘口は辛さがないので、子どもでも大丈夫。


甘口とはいえ、カレー自体はしっかりした味をしているので、大人が食べても物足りなさはありません。


辛さが欲しいなら、ヱスビーの赤缶を振りかけるか、激辛ソースを足せば良し。


c0025348_21301745.jpg

長崎市内であれば、浜屋B1Fの北野エースか、築町・中嶋屋本店で取り扱いがあります。近所にお店がなければ通販でどうぞ!
それから意外な出会いだったのは、諫早・北浦うどん製「手打風うどん」。

c0025348_21302213.jpg

冷凍食品の讃岐うどんに手を出しがちだったのですが、どうも最近コシに飽きてきたので、昔ながらのうどん玉に戻ることにしてみました。すると思った以上にこれが良い!

「手打風」は平打ちになっていて、もっちりとした食感が北関東風のうどんを想起させます。

茹で時間が短くて済むのは大助かり。急なオカワリにも即対応できる!ありがたい!

以上、「カレーうどん鍋」の紹介でした。

[PR]
# by riv-good | 2018-02-22 16:00 | 長崎の呑喰道楽

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る