人気ブログランキング |

カテゴリ:テレショップ少将( 44 )

Go! Go! SEGA RALLY

c0025348_311470.jpgどちらかというと任天堂よりもSEGAのゲームに馴染みがあって、家庭用ゲーム機といえば、SEGA MarkIII以来のSEGAユーザーだ。

今、ハマっているのは『SEGA RALLY 2006』(PS2)。DVD2枚組になっていて、そのうちの1枚はゲーセン版の初代『SEGA RALLY』。実は本編よりも、こっちが目当てで買ってしまった。

本編もおもしろい。CELICA(TOYOTA)をゲットした途端に難易度が下がってしまうんだけど、ガリガリ(オフロードの走行音)、キュルキュル(排気音)しながら、駆け抜ける爽快感は最高。

ただ、SEGA RALLYの話題を誰とも共有できないのが、唯一の難点。
by riv-good | 2006-11-03 03:02 | テレショップ少将

ブらブらぽーと

c0025348_2350711.jpg久しぶりに船橋・ららぽーとに出掛けました。目的のお店は、エコペット横浜というペット総合専門店。

欲しいものは決まっていて、ひとつは自動給餌器(フィーダー)。それと、ちょっと大きめのネコトイレ。

明け方に帰宅すると、デスク上に置きっぱなしにしていた領収書だとか、プリントアウトした用紙が噛みちぎられていたりすることもあり、やっぱお腹減ってるんだろうなぁ…と飼い主としては悪い気がするのです。おまけに来月は旅行も予定しているし、とうとうフィーダーを使い始める決心をしました。

購入したフィーダーは、ペット用自動給餌器 JQ-350。これって食べただけ継ぎ足される仕組みなので、食べ過ぎやしないだろうかと心配。今日のところはまだ導入せず。



c0025348_23502983.jpgで、ちょっと大きめのネコトイレはというと、これもまたトラブルが起こるようになったので買い換えました。

事件はやはり明け方に起きますね。

帰宅すると、ゴルフ用語で言うところのOBが発生しているのです。トイレ周辺にいわゆるビッグ・マターが転がっており、飼い主は毎度毎度これはどうしたものか…と考え込んでしまうのです。

犯人はおそらくコイツで、彼の図体がトイレに対してやや大きくなってしまったせいでしょう。最近、体重は計っていないけど、きっと6kg以上をキープしているはず。

どうかトイレのサイズに合わせて成長しませんように…。


c0025348_23505784.jpgそれと、飼い主は無印良品がとても大好きなので、うっかり展示処分品を衝動買い。

無印良品の店舗が移動していて、ちょっとビックリしましたが、財布の緩さにもわれながらビックリ。

クルマがワゴンRじゃなきゃ、買うモノの量も加減しただろうになぁ…。
by riv-good | 2006-06-25 23:56 | テレショップ少将

DS Lite

c0025348_18402150.jpg買い物ついでに、北松戸の100満ボルトへ。

レジ前にディスプレイ用の箱が3種類置いてあった。

「いや、まさかまさか」

と思いながら、

「もしかして、売ってるんですか?」

と店員に尋ねたところ、

「はい、売ってますよ」

「んじゃ、白ください」

といった具合で、DS Liteをゲット。Newスーパーマリオも買った。

そういや、DSを待ち焦がれて早半年。

思えば、年末。店先に積まれたDSの山を見上げながらも、軽い気持ちで「まぁ、いつでも買えるからいいや」と見過ごしたのが後悔の始まりでした。

【人間は行動した後悔より、行動しなかった後悔の方が深く残る】

いや、まったくそのとおり。これからは、その日、その時のチャンスを大切にしようと思います。

で、問題は、いつ遊ぶのか…なんだよねぇ。
by riv-good | 2006-05-28 18:40 | テレショップ少将

Nintendo DSのじれったさ

c0025348_313896.jpgドラクエに加えて、Nintendo DS。

年末のビックカメラには山積みされていたNintendo DS。年が明けるやいなや、無性に欲しくなってまた出掛けてみると、そこに峰を連ねるのはPS2とPSPの山々。

Nitendo DSはぜーんぶ売り切れ。どこに行っても手に入らない商品となってしまっていた。

入手不可能といえば、かつてのドラクエ3。予約しても2〜3ヶ月待たされることは当然だった。

そもそも、ファミコンのROMカセットは任天堂の工場でしか作られていなかったらしく、各ソフトメーカーごとに生産ラインがガッチリ決められていたので、すぐさま「売り切れたから増産」なんていうことは不可能だった…という話を聞いたことがある。

が、今の御時世、人気ゲーム・ソフトが在庫切れで買えない…という事態はほとんど考えられない。ゲームもCD/DVDの時代。特殊な工場を持たずとも、ポンポン生産できるようになっている。

しかし、ゲーム機本体だけは、レーザーで焼いて作るわけにはいかない。きっと、クリスマス商戦向けにはそれなりの台数が用意できていたのだろう。しかし、新年早々まさかの「在庫切れ」である。

お年玉を手にしたお子様の購買意欲までは十分に汲めなかったのか?そしてまさか、オトナたちの財布のヒモが、そこまで勢いよく緩むとは思いも寄らなかったのか?

任天堂は「売りたいのに、売ることができない!」というじれったさを覚えているかも知れない。そして、その一方で「欲しいのに、買えない!」という消費者のじれったさが、はたして次回の出荷まで保ってくれるかどうかヤキモキしているかもしれない。

そんな状況の中、わたしは持っている。

運の良いことに、会社の同僚から貸してもらえたのだ。この場を借りて礼を言わせて貰うぜ。

ありがとう。おかげで眠れない日々が続きそうです。

そしてきっと、自分用のを買うことになることでしょう。
by riv-good | 2006-01-13 03:04 | テレショップ少将

ドラクエ8で遊んでます

c0025348_315813.jpgドラゴンクエストで遊んでいたのは、かれこれ15年以上前に遡る。

当時はいわゆるファミコンの全盛期で、わたしが最後に遊んだドラゴンクエストは3だ。

長崎県という日本の西端もやはり社会現象の渦に巻き込まれていて、学校も教育委員会もえらい騒ぎであったようだ。

発売前には全校生徒に対して、

「買いに行くな」

だったか、

「学校をサボって買いに行くな」

だったか、

「買いに行くときはタカリに注意しろ」

だったか、それらしい「お触れ」がクラス担任の口から発せられていた。

なかでも、全校集会で校長が熱弁を奮っていたのは印象的で、彼が、

「ドラゴンクエストのようなものを作った大人は悪人である。絶対に許せない」

と、年端もいかぬ少年・少女たちに向かって言い放ったことは、いまだに忘れられない。

ホント、教師は絶対的な価値基準から堂々とモノを言う。

都会ではどうかわからないが、3年前の千葉県・某公立中学校には、

「流行=悪」

と決めつけて止まない風潮が残っていた。

学校の掲げるスローガンがまたすごくて、

「ダメなことは、ダメ」

というゴリ押しに満ちた文句であった。

体育館の壁に、そのように毛筆で書かれた巨大な横断幕を見たとき、わたしは昭和の時代にタイムスリップしてしまったのかと錯覚を覚えたほどである。

……話題が逸れました。

20年前と変わらない学校のことはさておき、ドラクエは変わった。

今遊んでいるのはドラクエ8。

まるで鳥山明の漫画の中に投げ込まれたような景観。視点も自由自在。頭を空っぽにして、感覚的に歩き回ることができる。

そして、通りすがりの民家を訪れ、何の断りもなしに壺を割り、タンスを開けて金品を持ち出す行為もまた、一段とリアルに描かれている。

その現実感たるや、罪悪感を覚えずにはいられないほどである。
by riv-good | 2005-12-29 03:30 | テレショップ少将

5.0kg洗いの性能の差が、戦力の決定的な差ではない

c0025348_03489.jpg「洗濯5.0kg」というスペックはあまりアテにならないことがわかってきた。実際に使って数週間経つけれども、率直なところ、

「洗えることは洗えるんですがね…」

と、やや口籠もりながら感想を述べるのが精一杯である。

とにかく振動と騒音がスゴイ。5.0kg洗えるかどうかなんて、この際たいした問題ではない。脱水の工程で、ぐぃーんとドラムの回転速度が最高点に達するまでの間が辛抱のしどころ。その騒々しさといったら、

「おやおや、祭りでも始まったのか?」

と辺りを見回してしまうほどである。脱衣所でドンガンドンガン音を立てているのは、何を隠そうハイアール72kg。ハイアール君は振動に任せてその場で足踏みを始め、勢い余って正面に前進してくるという有様。

うちはふつうの集合住宅と違って上下階がないし、幸い、夜間は隣人が留守がちなので助かってはいるものの、これがふつうの木造アパートだったりしたら揉め事は避けられないかもしれない。

しかし、ハイアール君には結構気まぐれなところがあり、いつもいつも彼主宰によるお祭りが催されるのかと言えば、そうでもない。

振動の原因は、洗濯物の種類と量、そしてそれらがドラム内にどう配置されるかによる。ドラム内での重心が偏ると、回転の中心軸がずれ、遠心力に負けてハイアール君自身が振動を始めるというわけである。


c0025348_0342862.jpg標準設定であれば1回の洗濯で脱水の機会は3回。そのうちハイアール祭りが開催される確率は30%〜100%。運が良いと、

「おっ、なんだ?やればできるじゃん」

と驚くほど静かに脱水を終えることもあり、そのときはドラムの重心が狂わない程度に洗濯物がほどよく配置されている状態だと推測できる。

回転体の中に物を放り込んで、さぁどこに収まるでしょう?なんて、まるでルーレットみたいな洗濯機である。

ちなみに、足の下にキッチンタオルを挟み込むと、ある程度振動しなくなったりする。が、これも結構気まぐれなハイアール君のことなので、効果があったり無かったり。
by riv-good | 2005-11-29 00:35 | テレショップ少将

Haier(ハイアール)の全自動洗濯乾燥機

c0025348_23423811.jpgここ最近、自宅には寝るだけのために帰っている。

たまに訪れる休日にすることと言えば、ネコっ毛だらけになった部屋の掃除と、そして1週間分の洗濯物の始末に追われる。

が、タイミングの悪いことに、休みの日には決まって雨が降る。

腕組みして、じーっと洗濯物の山を見つめているだけでは何も解決しないので、毎週毎週足繁く通っていたのが「松戸ヘルスランド」である。

いかがわしくありません。ええ、少しもいかがわしいお店ではありません。

泡のお風呂ではなく、れっきとした銭湯である。銭湯なんだけど、わたしのお目当ては風呂ではなく、そこに併設されているコインランドリー。1週間分の洗濯物を運び込めば、30分で全てが片づいてしまうという、ありがたい場所である。


c0025348_23431320.jpgしかし、ヘルスランドまで行く時間、乾くまで待っている時間、そして部屋に戻るまでの時間を合わせると、1時間30分〜2時間くらい掛かってしまうのがネック。

何せ貴重な休日。洗濯にとらわれることなく好きなことをして過ごしたい…と願ううち、

「全自動洗濯乾燥機を買えばよかたいね」

という結論に至り、購入に踏み切った。

買ったのはハイアールという中国電機メーカーの製品。今までそんなメーカーがあるとは知らなかったのだが、同僚から「こんなのありますよ〜」と教えてもらったのがきっかけである。

型番はHSW-D50A(S)。ドラム式で洗濯5.0kg/乾燥2.5kg。一般的な全自動洗濯乾燥機よりも小容量だけど、今まで使ってきた洗濯機が4.2kg洗いだったのを考えると十分そうだ。


c0025348_23443992.jpg価格とデザインがいい。

ビックカメラ(柏支店)にて、56,800円(以下、価格は税込)。別途、リサイクル処分として2,625円。設置費・運送費は無料。締めて、合計金額59,425円である。

デザインはシンプル。全身シルバーの筐体。最近の洗濯機にしては珍しいカラーリングが目を惹いた。

そんなわけで、先の日曜日、屈強な男2人組が自宅に現れてハイアール製・全自動洗濯乾燥機を設置していった。その重量72kgである。下手に動かすと腰を痛めそうだ。

それにしても、全自動洗濯乾燥機とは長い名前。

全自動洗濯漢方乾燥機と書かれていても、何の違和感もない。


【参考URL】
Sanyo Haier(サンヨー・ハイアール)
http://www.sanyohaier.co.jp/

三洋電機グループと中国・海爾集団公司(ハイアール)提携
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0201news-j/0108-1.html
by riv-good | 2005-11-20 23:49 | テレショップ少将

ワゴンRにMOMOステを。

c0025348_2244390.jpg今まで乗っていたConcertoは、父親の強い要望により長崎へ送還。そして先週、ようやくクルマを買い替えた。

新しく自分の足になったのはスズキ・ワゴンR。5速マニュアル車で、念願のターボ仕様。軽自動車なのに3速でぐぃーっと引っ張ると、どっかに飛んでいってしまうのでは…と思えるほどの加速が体感できる。

そして何よりワゴンRを選んだ理由は、後部座席が完全にフラットにできることだ。自力の引越はもちろん、楽器や機材などいろいろ荷物が積めるし、簡易レコーディング・スタジオにもなる。

と、いろいろ便利なクルマなのだが、今ひとつ気になっているのは、前オーナーの名残がそこかしこに残っていること。いかんせん中古車なので仕方ない。これからは少しずつ、自分なりの「部屋」に変えていこうと思っている。

が、困ったことに自動車に関してはホントに無知である。改造車を目指しているわけではないけど、基本的なメンテナンスの類いにも疎い。なので、これもまた少しずつ勉強していくつもりである。


c0025348_2245558.jpgさて、その第一歩がステアリング交換。

買った時点で、白い革製のステアリングが取り付けられていたのだが、これがどうにも自分の趣味ではない。見方によっては、威圧的な雰囲気すら漂っているように思われる。

そんなわけで、レーシング仕様の大本命・MOMO社製のステアリングに換えることに決めた。小径ステアリングなので、取り回しが楽。見映えもいいし、掌にフィットする握り心地が良い。

…と、良さげなことを書いているが、実はこのステアリング交換にはものすごく手間取った。以下、事の次第を書き連ねる。

ちょうど1週間前、オートバックスでMOMOステアリングを購入。交換方法がよくわからなかったので、お店で交換を依頼。しかし、ピット(作業コーナー)がごった返しており、「今日は無理」と断られる。

その週の水曜日、白いステアリングを外して自力で交換を試みるが、ステアリングを取り付ける土台に空けられたビス穴の数が合わない。白ステはビス5本で留っているが、MOMOステは6本必要。ネットで調べてみると、ステアリング用の土台をBossと呼ぶらしい。どうやら穴の数が合わないのはBossが適合していないせいだ…と考えた。

再びオートバックスへ。ワゴンR用のBossを購入し、ステアリング交換を依頼。しかし「今日も予約でいっぱい」と断られる。

帰宅後、Bossの交換方法をネットで検索。すると、でっかいナットを回すための工具が必要だとわかった。そんな工具うちにはないので、また日を改めてオートバックスに出向くことにした。

本日、日曜日。開店時間を狙って、鼻息も荒くオートバックスへ。店員さんにMOMOステとBossを見せると、「あれ?純正じゃないハンドルが付いてるんでしたら、このBoss使わなくてもすぐ交換できますよ」と愛想良く応対される。


c0025348_2243795.jpgうそーん。だってMOMOはビス6本だけど、今のってビス5本分しか穴が開いていないのよ。

と事情を説明。すると「なんでしたら、わたしがおクルマ拝見して、できそうだったらその場で取り付けますね」ということになった。

で、実際に白いステアリングを外して見聞してもらったところ、通常のBossの上にビス5本用の板が取り付けてあっただけ。「これ外されましたか?」と訊かれ、

それって、外れるんですか!?

と随分とオマヌケな受け答えをしてしまう。ホント、無知ってすごい。

その後、店員さんはものの5分ほどでMOMOの取付け作業を終えたのである。

うっかり購入してしまったBossは快く返品に応じていただけた。何より「あー、そんなことだったか!」と、今までわからなかったことを、パッと鮮明に示していただけたことがとても嬉しかった。その喜び様は、帰り際「お客様の声」に感謝の意を書いて投函してきたほどである。

それにしても、5分のために1週間待ったオレ。ホント、無知ってすごい。
by riv-good | 2005-08-08 02:30 | テレショップ少将

中古車探し

c0025348_0463464.jpgいまだに昭和のクルマに乗っているのだが、そろそろ買い替え時を迎えている。

昭和63年式 ホンダ製 CONCERTO(コンツェルト)

という4ドアセダン。加速は弱いけど、安定した走り。MT車だけあって燃費もいい。

欠点は、高齢車のため毎年車検を通さないといけないこと。それと特に致命的な問題は、クーラーが効かないことだ。今の時期、日中のドライブはタブーとなっている。

クーラーの故障は、去年クーラーガスを充填してもらおうとしたところ発覚した。

装置のどこからかガスが漏れているらしく、部品を交換しようにも「昭和のクルマ」だけあって入手できる保証が無い。しかも、当時のフロンガスは、現在有害フロンに指定されている。

毎年の車検と環境破壊のための修理代では、ちょっとコストがかさみすぎる。

そんなわけで、今、中古車を探している。

今日は、国道6号線沿いにある中古車屋を見て回った。

交通量が多くて、クルマの停めにくい大通りということもあり、今回は自転車で遠征。

好天のわりに風が涼しくて、サイクリング日和。途中、チェーンが2回外れるなどトラブルもあったが、自転車で走れる範囲は見て回れた。

今日の収穫といえば、中古車屋は水曜定休が多いということだ。

何とも無念。

明日発売のCar Sensorで、改めて店舗情報を収集せねばなるまい。

ううう。
by riv-good | 2005-07-20 23:23 | テレショップ少将

激安

c0025348_0364478.jpg激安の電動…もとい、激安の殿堂ードン.キホーテにてレギュラーコーヒーを購入。

なんと、94円。

スーパーの特売でもせいぜい270円台なんだけどな。

これではもはや、価格破壊どころか価格メルトダウンといった風情だ。



c0025348_037154.jpgちなみに、一緒に買った大好きなお菓子Snyder'sが1袋98円。

バカみたいに何杯も飲めるレギュラーコーヒーが、94円。

そういえば、自販機の缶コーヒーなんて1本120円。

限りなく本物に近いはずのレギュラーコーヒーが、これまたバカみたいに飲んで歌って94円。

(棚に貼られてた値段とはまったく違うのにな。うひょひょ〜)

と内心ほくそ笑みながら、レジを通過してきたことは隠すまい。
by riv-good | 2005-07-16 00:39 | テレショップ少将

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る
更新通知を受け取る