黒霧島

今度の仕事は、平日と日曜日が週休。わたしは水曜日が休みとなった。週の真ん中で一息入れられるってのは、なんだか嬉しい。
c0025348_1423961.jpg
さて、今回取り上げた芋焼酎は「黒霧島」。画像はレタッチしすぎた。

黒霧島の良いところは、何と言っても手頃なこと。居酒屋でボトル・キープすると2,3千円取られるのだが、セブン・イレブンなんかだと1000円くらいで買えてしまう。

それでいて美味しい。「あ~、これが芋の焼酎なのね」と初めての人にも楽しめる味である。

そういえば、わたしはこの黒霧島で鮮烈な芋焼酎デビューを飾った。つい昨年の夏のことである。

九州人3人が新橋に集い、たまたま入った居酒屋で黒霧島を2本空けた。妙に楽しくて、異常に酒が美味しかったせいだ…と記憶している。

しかし、帰宅するまでの記憶は見事に途絶えている。そのうえ、翌日は飲み過ぎが祟り、会社のトイレで喀血。

そんな苦痛を経ながらも、以来、芋焼酎が大好きになった。なんともおかしな話である。

ともかくも芋焼酎への目覚めとなった一品としてオススメしたい。これもまた買ってこよう。
[PR]
by riv-good | 2005-02-16 02:21 | 呑喰道楽

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る
更新通知を受け取る