Pignose製Gibsonっぽいミニ・ギター

c0025348_1132725.jpgギターはロクに弾けた試しがない。

ギター・ヒーローに憧れて買ってみたものの、いきなり難しいことを演ろうとするのがいけない。

できないことが多すぎて、それがわかりはじめると、

「ああん。何から練習すればいいのかさっぱりわからない」

という、何ともわけのわからない混乱に陥ってしまい、やがては弦が錆び、ネックは反り、次に興味を持ったときには弾くに弾けないギターが部屋の片隅に転がっているという始末。

でも今回は、ギターを買った動機がちょっと違う。

一目惚れである。で、ドドーンと怒濤の勢いで購入したのが、Pignose製のアンプ内蔵ミニ・ギターだ。

今回は音楽の方向性も変えてみた。ロックとか弾き語りじゃなくて、

「ぽぽろんとつま弾いてみようじゃないのよ」

という試みである。

ソロ・ギターの入門本も購入。ギター・ソロではなくて、ソロ・ギター。

ベースと伴奏とメロディーを、1本のギターでぽぽろんとつま弾く。ギターの原点みたいなところに触れてみようかな、という興味である。

リフを刻むのとは違う、新しい刺激。楽しい。
[PR]
by riv-good | 2007-04-03 01:14 | テレショップ少将

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る