至福の150kcal

思い出したように腹筋運動をしてみると、ヘソの周りにどうあがいても力の入らない肉類が発生していることに気づいた。そういえば、脇腹あたりも摘みやすい感触が増加している。

「いかんなー」

肉体のピークは12年前に経過。これ以上、成長のしようがない身体。それでいて最近は過度なデスクワークが日常となり、小腹が空くといつも何か食べている。ビックリマンも1箱食べきった。部屋に戻れば、ビールが美味しい。

振り返れば、知らず知らずのうちに怪しげな肉がまとわりついていても何らおかしくない生活。食べても太らない神話は、いよいよ崩れ去ろうとしているようだ。

【最速痩身術!】というキャッチに惹かれて、久しぶりに『Tarzan』という雑誌を買った。ひとまずは贅肉退治の目的で、記事を参考にしながら-1kg減量を目指してみよう。食費制限のついでに食餌制限だ。

1ヶ月で-1kgを目指すとき、1日に必要なカロリーは1800kcalになるらしい。毎日、オレはどんなものを食べているのだろう?オーバーしているのか足りないのか?手始めに日常の食生活を見直すことにした。

朝食は職場で摂る。麦茶とフルーツヨーグルトサラダ。麦茶は0kcal、フルーツヨーグルトサラダは121kcal。糖質は真っ先に燃焼する。フルーツは朝向けのエネルギー源だ。

昼食。レトルトの長崎ちゃんぽん(マルタイ製)と、セブンイレブンで購入したツナ&コーンサラダ+焙煎ごまドレッシング。

長崎ちゃんぽんは、麺類だけあって465kcal。まぁ納得できるカロリーである。あなどれなかったのが、焙煎ごまドレッシング。なんと、130kcal!

ツナ&コーンサラダが107kcalと考えると、ドレッシングを食べているようなものである。意外だった。そして、食後の缶コーヒー(ブラック)は0kcal。

昼食を終えた時点での摂取カロリーは、823kcal。早くもほぼ中間地点を通過しようとしている。残りは約1000kcal。夕食にちょっとした定食を食べるだけで、軽くオーバーしそうだ。

間食。カールスティック(カレー味)は1箱で279kcal。お菓子を食べない日常は考えられないので、ガマンせず食べる。これで残されたカロリーは694kcalとなった。

ここで考えた。部屋に戻ったらアサヒ・本生(赤)を飲むのが習慣になっているのだが、その1本が150kcal。今夜も飲むことを考えたら、あらかじめ150kcalを差し引いておかなくてはいけない。ということは、夕食にあてられるカロリーは544kcalである。

ファミマ!!の惣菜コーナーでは異様に悩んだ。安くてお気に入りの「三色そぼろ鶏弁当」でさえ、470kcalくらいある。バランスを考えたつもりで、サラダと汁物を添えたりすると実はカロリーオーバー。意外な落とし穴だ。

夕食。じゃこ青菜ごはん(293kcal)、蒸し鶏とゴーヤのサラダ(52kcal)、それと青じそドレッシングを選んだ。青じそドレッシングは23kcal。カロリー・パフォーマンスが高い。汁物はレトルトのあさげ(36kcal)。夕食は404kcalに収まった。

さて、カロリー残量は291kcal。帰宅後のアサヒ・本生も、これでいける。

というわけで、今日は値段よりもカロリー表示に気をつけて買い物をしてみた。手持ちの1800kcalなんて呆気なくオーバーしてしまう事が発覚。習慣の怖さを知る1日となった。

反面、カロリーとにらめっこするのはさほど窮屈ではなくて、むしろゲーム感覚の楽しさに似ていることを知った。

1日のお小遣いは1800円。うまくやりくりして使いましょう。

そんな感覚である。
[PR]
by riv-good | 2006-06-16 03:57 | 呑喰道楽

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る