ぼんやり過ごす休日

1日12時間くらい職場にいる。そんな生活を続けて早3ヶ月になる。

仕事中には、あれやこれやと怒濤のごとく「やりたいこと」が思い浮かぶのだが、いざ休みの日を迎えると、一日中ぼんやりしている。

強烈に自覚しているわけではないのだが、どうも精神的に疲れが溜まっているらしい。そんなわけで、休日はひたすら無気力感に見舞われる。

気分転換は必要だなと強く思う。

こんなときは何も考えずにゲームで遊ぼう。PS2のスイッチを入れ、やりかけのドラクエを再スタートさせた。

やがて主人公の後ろ姿が、買い換えたばかりの30インチ・ブラウン管テレビに映し出される。が、思い掛けなくも、右に行けばいいのか、左に行けばいいのか、さぁどっちだったっけ?と悩んでしまった。

アナログ・スティックをぐりぐり回しながら、町の中を歩き回っているうちに、次第に興味が失せてくるのがわかる。旅の目的を忘れたどころか、どうやら夢中で遊んでいた頃の「使命感」が自分の中から消え去ってしまったらしい。

コントローラーを握る力が次第に抜けていく。わたしはそれに抵抗できず、PS2の電源を切った。

そして、またぼんやりする。
[PR]
by riv-good | 2005-12-27 03:39 | ヒトの衣谷さん

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る