買いましたよHDD

背に腹は代えられず、秋葉原TSUKUMOで新しいHDDを購入した。
c0025348_1252388.jpgSeagate社製の200GBで、お値段12,800円。昨年からカウントすると、もう3台目のHDDである。

1台目の購入は、昨年の9月ごろのことだった。PCを新調するついでに、合計20GB程度しかない手狭な環境を引き払うべく、一気に120GBをゴゴーンと鳴り物入りで投入した。CPUもメガヘルツからギガヘルツへとスピードアップ。広いは早いはで、それはそれはもういい気分だった。

しかし、そんなドラッグ系アスリート的な浮かれ気分は瞬く間に失墜する。

このMaxtor製HDDは、あろうことか、わずか2ヶ月足らずで読み取り不能となってしまったのである。あまりにも短命すぎるではないか。まったくの偏見で私怨を込めて言わせてもらえば、

「Maxtorなんか、二度と買うか」と思うに至った。

気を取り直して、2台目に挑戦。

今度は日立・IBM製の120GBを購入。値段は先のMaxtor製と変わらぬ1万円弱程度だったのだが、何のトラブルも起きず、未だに現役でカリカリと稼働中である。

ここまでは良かった。欲張らずに潔く捨ててしまえば良かった。でも、ついうっかり貧乏性が出てしまいMaxtor製HDDを再利用してしまったのである。この考えが甘かった。

というのも、読み取り不能となったのは120GBのうち前半20GB程度でしかなかったからである。

HDDの区切り方を調整すれば、障害のある領域を使わずして、残りの100GBを活かすことができる。そうすれば、肥大化するMP3ファイルの格納庫にできるではないか。

結局は、これが今日の敗因となった。

今まで無傷だった領域にも不良セクターが発生。新年早々読み取り不能ドライブと化した。最初の障害が起きた時点で、廃棄すべき一台だったのだ。

というわけで、今回の3台目はSeagate社製のニクイやつである。コストも年々安くなり、200GBが1万円程度で買えてしまう時代になった。

PCがビデオデッキ代わりになるという御時世のおかげで、HDDもすっかり市民権を得ている模様だ。

それと、念には念を入れて延長保証にも加入してきた。5年保証で、さんざん泣かされた不良セクターにも対応してくれるらしい。

ちょっと前までは、バルクのHDDなんて消耗品扱いで、「保証」とは無縁の製品のはずだったのが、今やこの待遇である。

さて、これを書いているうちにOS再インストール完了。新しいHDDも稼働開始。うちのPCも、ようやく新年らしい幕開けを迎えた。
[PR]
by riv-good | 2005-01-12 01:29 | テレショップ少将

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る