2017年のバレンタインデーと結婚記念日と

息を抜くヒマがほとんどないまま、2月が終わった。

2月というと家庭行事が2つあるのだが、妻子は事情により上京。

今年のバレンタインもやはりアレだろうな…ともすると送ってくれるのだろうか…と心配していたものの、それは杞憂に終わった。

届けられたAmazonの梱包を解くと、「天狗ビーフジャーキー」。そして昨年の大ヒット作「北海道ジャーキー」のお目見えである。

北海道ジャーキーの方には「セット商品」と大きく書かれたシールが貼られ、ご丁寧にも5袋が輪ゴムでまとめられている。なかなか粋なデコレーションだ。

「バレンタインデーに足りないのは武骨さではないのか?」

世の中に投げかけられるアンチテーゼをひしとして受け止めた、2月14日であった。

DVD『デカ★黒川鈴木』は深夜ドラマの名作。なぜ話題にならなかったのかが不思議でならない。

原作は滝田 務雄『田舎の刑事の趣味とお仕事』。見所は、白石という無類の役立たず刑事を演じる田辺誠一だ。

その怪演っぷりは、映像を見た後で原作を読んでも全く裏切られることがない。むしろ田辺誠一の演技を観察しながら書かれた小説なのではないか?と本末転倒な感想が湧き上がってくる。

c0025348_21560810.jpg

まだ観ていない人は、ぜひご覧ください。

そして、2月末は結婚記念日。長崎に移って定着した習慣が「桃カステラを食べる」という行事。

幸い、数日前に妻子が戻って来たので、2014年から続けている行事はこれで3回目を迎えることができた。

そもそも桃カステラというのは、長崎独自の縁起物で、桃の節句を祝うためのお菓子。

カステラやらスポンジの上に、桃をかたどった砂糖がどっかりとコーティングされているという、シュガーロードならではの激甘お菓子である。

結婚記念日にはこれを頬張って悶絶する。それが我が家のスタンダード。
c0025348_21560992.jpg

今年はあれこれ選ぶ時間がなかったので、長崎では著名な「万月堂」の桃カステラ。

脇に置いてあるのは、iPhone 7 "Plus"。大きさがお分かりいただけるだろうか?
[PR]
by riv-good | 2017-03-01 22:00 | 長崎の呑喰道楽

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る