バレンタインデーにはビーフジャーキーを2016

はい。今年も恒例、バレンタインデーにビーフジャーキーを頂戴しました。

c0025348_21310160.jpg


いつの時期から、この習慣が我が家でスタートしたかというと…、

http://rivgood.exblog.jp/19272091/

2013年の記事から数えて、今年で6回目を迎えました。これほどBlogに書き留めておいて良かったと思ったことはありません。

さて、今回はいつものテングの他に「北海道ジャーキー」なるものも登場。

こちらはビーフではなくて、ポーク。豚の干し肉です。

このポークジャーキーは只者ではありません。国内ウィスキーブランドであるニッカの余市工場で、ツマミとして供される逸品。

個人的な感想ですが、どちらかというとポークの方が旨味が強く、スパイスの効き方も絶妙。あっという間に一袋を空けてしまうので、お酒の方が足りなくなります。これは用心が必要です。

最後になりましたが、2016年においてもバレンタインデーに贈る品の主流には、依然としてチョコレートが居座り続けています。

この際、チョコレートの座を奪えなくても良い。

せめて箱の側面に、

「このチョコレートには牛または豚を含んでいます。」

と表示に書き記される日が来ることを願わんばかりです。

[PR]
by riv-good | 2016-02-23 21:06 | ヒトの衣谷さん

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る