高速バスだもの

ひさびさに実家・長崎に帰省中です。

今回は「水曜どうでしょう」にて【King of 深夜バス】の称号名高い、東京・博多間の高速バスに一勝負挑みました。

c0025348_2093850.jpg


東京駅八重洲口を20時20分発、博多駅に翌日12時20分着。約16時間に及ぶ苦闘。見事「おみまい」されました。

首と腰が、イてー。

常に振動し続ける座席。道路をタイヤで走っているのだから、揺れるのは当然。ちょっとやそっとでは寝かせてはくれません。

リクライニングの角度は十分なポテンシャルがあります。しかし、車内アナウンスで「かなり倒れるので、後ろのお客様のご迷惑にならない程度に…」と釘を刺されているので、遠慮するしかありません。

結局、頭をうなだれる体勢になるのですが、頭を支えるため首に大きな負担が。限られたスペースでの寝返り。背中には大量の寝汗。水分が欲しくなり、たびたび目が覚める。

そういうのを繰り返しているうち、次第に疲れてきて意識がなくなります。ちょうど徹夜の明けに限界が来て、眠りに落ちる感覚に似ているなぁ。

これで片道11,500円。

16時間かければヨーロッパにも行けますが、1万円ではヨーロッパには届きません。

なにせ、高速バスだもの。

c0025348_2094853.jpg

[PR]
by riv-good | 2009-08-06 20:11 | 旅道楽

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る