マック違い

「鳥山明ってマックで漫画書いとるとよ。」

と弟から聞かされたのは、もうかれこれ7・8年前の話である。

ドラゴンボール全盛の時代。

大人気漫画家・鳥山明は、あえて人の集まる場所に腰を降ろし、世間の声に耳を傾け、その動静を事細かに収集し、それを作品の糧にする。なので、人目を憚ることなくマクドナルドで漫画を書きよるとたいね。

と、わたしは瞬時に誤解した。

マック違いであった。

ペンを片手に、ポテトを摘み、コーラーをすすり、ハンバーガーを齧る鳥山明氏の姿を想像してしまったのだが、その光景はあまりにも不自然すぎる。

「どうも話がおかしい…」

と思うや否や、

「マックはマックでも、Macintoshのことか!」

と気づいたというわけである。

まぁそんなくだらないMac話を、なぜ思い出したのかと言うと、噂のMac Miniを購入してしまったせいである。
c0025348_0154440.jpg「Mac欲しい」と漏らすたびに、周りの人は決まって「やめとけ」と反対していたんだけれども、おとといから念願のMacユーザーになれました。
[PR]
by riv-good | 2005-03-11 00:21 | テレショップ少将

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 裕一郎
プロフィールを見る