タグ:魚 ( 2 ) タグの人気記事

長崎県産 ボラ

ふらっとスーパーの鮮魚コーナーに立ち寄ったところ、ボラが売られているのを発見!

かなり大きく身も厚い。そして何より、安くない?これ。大きな片身が250円だもんなぁ。

c0025348_21583588.jpg


ボラは川と海を往来する魚だけに、泥臭いと不評な魚。しかし、実家で食べたのは美味しかった記憶しかない…ということで購入に踏み切りました。

ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑によると、オススメの食べ方は「洗い」と「刺身」のようだ。

せっかく刺身用を買ってきたのだから、生で食べてみるのが一番ですね。

c0025348_21583685.jpg


ということで、洗いと刺身にしてみました!洗いは身を氷水に浸すだけ、刺身は切るだけの簡単調理です。

泥臭い?とんでもない!目隠しして食べさせられたら「生の牛肉??」と答えてしまいそうな味わい。

洗いは冷水で締めるだけなのに、刺身とは違ってコリコリした食感に早変わり。

んー、ボラ、侮れぬ。

[PR]
by riv-good | 2016-12-02 21:29 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

カナガシラと長崎的節分

c0025348_22484665.jpg
昨夜はカナガシラの煮付けでした!

見た目は地球外生命体のような姿をしていますが、白身で、身離れが良く、ワタまで美味しい白身のお魚です。

我が家では2歳の息子も大好き。彼のために1尾用意しても、物足りずに親の分まで箸をつけてしまうほど……。

さて、実はこのカナガシラ、長崎ではとある時期に大変重宝されるお魚です。

今年はもう過ぎてしまいましたが、その時期とは「節分」を指します。

カナガシラ→金頭→お金持ち!

という「お金」にまつわる連想的縁起物でございまして、長崎では節分にカナガシラを食べる習慣があります。

お魚屋さんによると、最近の需要はかなり減っている模様。カナガシラに取って代わる、もっと手軽なシロモノが台頭していますからね……。

我が家では「せっかく地元に残る風習があるんだったら、乗っかってしまえ〜」ということで、節分にはカナガシラを食べることにしています。

ちなみに、長崎ではカナガシラのことを何と呼ぶかご存知でしょうか?

それは……

「ガッツ」

です。

名前の由来は顔つきですかねぇ。

[PR]
by riv-good | 2016-02-25 22:47 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る