タグ:地方物産 ( 31 ) タグの人気記事

五島産 きびなご 1kg

地方に住んでいると、思いがけないお裾分けにありつけることがある。

先日、週に何日か五島に勤務している知人からメッセージが届き、「貰ってくれませんか」と懇願された品が、きびなごだった。

これ、どうぞと彼が手渡したビニール袋は意外にも重たい。

「えっ?こんなに?」

と反応したところ、

「むしろ、そのくらいでいいんですか?」

とインフレを煽る一言が返ってきた。

彼は乗ってきたクルマの後部座席のドアを開け、さらには助手席のドアも開け、ほらこんなに…と、その実態を披露する。

「わー!!」

地元の人から「いつもお世話になっとるけん」とお礼に受け取ったそうなのだが、量が常軌を逸している。

もしかすると五島の住民にとっては日常的にやりとりする量かもしれないし、または知人が彼の地において果たしている偉業への対価…すなわち感謝の量なのかもしれない。

しかし、第三者の目に映るのは「貰った」というよりも「仕入れた」という方が自然のように思える量であった。

自室に戻り、妻にビニール袋を持たせると、

「えっ、こんなに?」

と同じ反応が返ってきた。

「だろ?」

ビニール袋の口を解いて中身を覗く。一瞥して数えきれないことを悟ったのでスケールに乗せる。デジタルは約1kgの数値を示した。

きびなごが1kgもある。

きびなごがどんな魚かを想像できない人は、「うまい棒」をキロ単位で手渡されるのを想像してみると良いだろう。

変な声が出るはずだ。

さて、格好の調理方法はというと天ぷらだ。

魚の鮮度を活かし、かつ手軽に味わうにはもってこいの料理。知人も天ぷらにしたところ仰け反るほど美味しかったとFacebookに書いていたし、ワタを取るなど下処理さえ不要というので、我が家でも天ぷらに決めた。

c0025348_01034519.jpg

きびなごの群勢をざっと水洗いして、穴あきボウルに入れて水を切る。

天ぷらの衣には卵の代わりにマヨネーズを使った。専用の天ぷら粉を買い求めなくても、水・小麦粉・マヨネーズの3つだけで、サクサクに揚がる。

レシピはキューピーのサイトを参考にした。

役に立つかは分からないが、きびなご1kgに対しての分量を記しておく。レシピの2倍量だ。
小麦粉・・・100g
水・・・150ml
マヨネーズ・・・大さじ2

キューピーのレシピを引用しながら恐縮だが、ウチは松田のマヨネーズを使用している。しかし、仕上がりにはまったく影響なし。

(マヨネーズの味がする天ぷらなんてヤだ…)

できあがりの風味を恐れる人もいるだろう。しかし、恐れることなかれ、マヨネーズを使った痕跡は味として残らない。残るのはサクサクの食感だけである。まだ試していない人はぜひ。

c0025348_01034620.jpg

はい、きびなごの天ぷら、できあがり!

ファミレスのメニュー風にいえば、「山盛りきびなごフライ」といった感じだろうか。

そのお味は抜群。新鮮なきびなごにも特有の苦味があると思うのだが、それを感じないのは五島の海のポテンシャルかもしれない。きびなごの食生活が良いのだ。

テーブルに置いておくと、スナック感覚で手が伸びてしまう魔性のきびなご。

いつも狙って食べられるものではないが、次に機会があれば2kgくらい引き受けても良いよ。
[PR]
by riv-good | 2017-03-25 11:35 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

2017年のバレンタインデーと結婚記念日と

息を抜くヒマがほとんどないまま、2月が終わった。

2月というと家庭行事が2つあるのだが、妻子は事情により上京。

今年のバレンタインもやはりアレだろうな…ともすると送ってくれるのだろうか…と心配していたものの、それは杞憂に終わった。

届けられたAmazonの梱包を解くと、「天狗ビーフジャーキー」。そして昨年の大ヒット作「北海道ジャーキー」のお目見えである。

北海道ジャーキーの方には「セット商品」と大きく書かれたシールが貼られ、ご丁寧にも5袋が輪ゴムでまとめられている。なかなか粋なデコレーションだ。

「バレンタインデーに足りないのは武骨さではないのか?」

世の中に投げかけられるアンチテーゼをひしとして受け止めた、2月14日であった。

DVD『デカ★黒川鈴木』は深夜ドラマの名作。なぜ話題にならなかったのかが不思議でならない。

原作は滝田 務雄『田舎の刑事の趣味とお仕事』。見所は、白石という無類の役立たず刑事を演じる田辺誠一だ。

その怪演っぷりは、映像を見た後で原作を読んでも全く裏切られることがない。むしろ田辺誠一の演技を観察しながら書かれた小説なのではないか?と本末転倒な感想が湧き上がってくる。

c0025348_21560810.jpg

まだ観ていない人は、ぜひご覧ください。

そして、2月末は結婚記念日。長崎に移って定着した習慣が「桃カステラを食べる」という行事。

幸い、数日前に妻子が戻って来たので、2014年から続けている行事はこれで3回目を迎えることができた。

そもそも桃カステラというのは、長崎独自の縁起物で、桃の節句を祝うためのお菓子。

カステラやらスポンジの上に、桃をかたどった砂糖がどっかりとコーティングされているという、シュガーロードならではの激甘お菓子である。

結婚記念日にはこれを頬張って悶絶する。それが我が家のスタンダード。
c0025348_21560992.jpg

今年はあれこれ選ぶ時間がなかったので、長崎では著名な「万月堂」の桃カステラ。

脇に置いてあるのは、iPhone 7 "Plus"。大きさがお分かりいただけるだろうか?
[PR]
by riv-good | 2017-03-01 22:00 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

屋台ラーメン(味のマルタイ) 2017

このブログで「屋台ラーメン(味のマルタイ)」を取り上げたのは、もう10年以上も前のこと。

当時は九州を懐かしむ立場にあったが、長崎に帰郷すると状況は一変した。

関東では手の届かぬ存在だった「うまかっちゃん」「これだ」などの名作袋麺たちが、いつでもどこでも入手できてしまうせいだ。

もはや空気と同じ存在になってしまった今、懐かしさなんてどこへやら…。

そんなおり、屋台ラーメンがリニューアルしていることに気づいた。

ちなみにこちらが旧版のパッケージ。昭和の老舗感が香しい。

c0025348_09052309.jpg


はい、こちらが現行版のパッケージ。
c0025348_18150514.jpg

袋がメタリックになりキラキラである。以前は「九州味」と曖昧に表現されていた味も、ズバリ「とんこつ味」と断言されるようになった。

そういえば、盛り付け例も派手さを増している。

旧版は紅ショウガと小ネギだ。昭和のインスタントラーメン事情を物語る、ある種の寂しさが漂っている。

かたや新パッケージはどうだろう。煮卵やチャーシューなど花形選手が目白押しだ。ここは桃源郷だろうか。

否、現実世界である。これが平成のインスタントラーメン事情だ。

コンビニに出向いて、袋麺と同じ気軽さで、真空パックされた煮卵・チャーシュー・メンマなどをカゴに放り込めば良い。そんな時代になったのだ。

新パッケージのキラキラはともかく、盛り付け例の豪華トッピングは、何もかもレトルト化された世相を反映していると言えよう。

…。

……。

………トッピング。

そういえば「ラーメンの具」のことを、いつしかトッピングと呼ぶようになっている。「具」に比べて、かなり婉曲な表現を積極的に使うようになった。

この傾向を「具」が他の比喩として用いられるようになったことと結びつけるのは、いささか考えすぎだろう。

「具が見えているよ」と指摘したり、「具が出ちゃいました」と申告したりするときの「具」のことを、トッピングとは呼ばない。

そんなことはどうでもいい。

c0025348_22552358.jpg

さて、袋の中身はというと旧版との変化はない。麺・粉末スープ・調味油の3点セットだ。

c0025348_22552430.jpg

仕上がりはこちら。旧版では調味油を注いだ瞬間、ゴマの香りが立ち上り「出前一丁」を彷彿とさせたものだが、現行版ではゴマの印象がそれほど強くない。

「九州味」から「とんこつ味」と味のポジションを明確にした所以は、ゴマ風味を控えたことにあるのかもしれない。

とんこつ特有の匂いは「うまかっちゃん」に及ばず。「屋台ラーメン」はマイルド路線のとんこつラーメンといえるだろう。

[PR]
by riv-good | 2017-01-11 13:00 | 呑喰道楽 | Comments(0)

雲仙市吾妻町・雲仙あかね豚ハンバーグ

雲仙市吾妻町にある「雲仙あかね豚」の直売所「雲仙どまんなか」を訪れました。

目当てはここの「雲仙あかね豚ハンバーグ」。

東京在住のオカン(義母)が"ふるさと納税"をきっかけにして大変気に入り、先日は20パック送ってくれと頼まれ、今回はさらに10パックの追加オーダー!
c0025348_20074407.jpg
あかね豚の旨味とタマネギの甘さがたまらなく美味しいハンバーグなのです。

c0025348_20081531.jpg
原材料名を見てみると・・・豚肉(雲仙市吾妻町産)・たまねぎ・パン粉(小麦粉)・砂糖、以上。
食品添加物、一切なし!

それでいて、わざわざハンバーグソースを用意する必要なし。
何も掛けなくても美味しい。
そういうハンバーグはなかなかありませんね〜。

通販サイトなどは用意されていないので、入手希望の方は直売所「雲仙どまんまか」までご連絡を。
諫早市内であれば「大地のめぐみ」でも取り扱いがあります。

[PR]
by riv-good | 2016-08-21 20:07 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎のアンテナショップ「日本橋 長崎館」へ

c0025348_11242205.jpg
今年「長崎のアンテナショップがついに東京出店!」というニュースが県内外で取り上げられました。

関東に住んでいた頃、

(熊本や宮崎はあるのに、どうして長崎のアンテナショップは存在しないのか…)

と疑問を抱いていたものです。

それらしい施設は四谷にあったみたいですが…とても気軽に立ち寄れるような立地ではありませんでした。

今回は好立地!なんと日本橋!!東京駅から徒歩で行ける!素晴らしいですね〜。

ということで、先日上京したついでに様子を伺って参りました。

一体どんな品揃えでもって長崎をアピールしているのか、とても気になっていたのですが…杞憂に終わりました!

すごい、すごい。

長崎から手土産で持参するモノ・持参したいモノがほとんど揃っている!

その一例を挙げると・・・

  • 五島産のあおさ
  • 長崎俵物(きびなご一夜干し・五島列島 あじ桜干し)
  • こじまの角煮
  • 五島牧場 あらびきウィンナー
  • 福建の製品(長崎ちゃんぽん・よりより)
  • 各種 五島うどん
  • かんころ餅
とにかく、県外の人にぜひ食べてもらいたいモノが盛りだくさん。

品揃えに物足りなさを覚えたジゲモンもいらっしゃるようですが、輸送コストや保存性などなど考慮しないといけないので、地元スーパーのような機能は期待できないでしょう。

アンテナショップの目的からすると、

「長崎に来んね!」

ですからね。

(ご当地には、もっとヨカモンのあっとばい)

と匂わせる要素が揃っていれば、アンテナショップとしては十分機能していると思います。

東京駅近辺にお越しの際は、ぜひ日本橋 長崎館にお立ち寄りを!

▼公式サイト
日本橋 長崎館: http://www.nagasakikan.jp

[PR]
by riv-good | 2016-05-11 11:22 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎・波佐見焼の「重宝皿」

中島川沿いにある「まちぶら案内所もてなしや」にふらっと立ち寄りました。

棚に並べられた陶器を見ているうちに、

(きっと食卓が幸せになる)

と思わせたのが、波佐見焼の「重宝皿」。

買いました。1枚600円(税抜)。

重宝皿の何が重宝なのかというと、醤油皿としての機能と箸置きとしての機能を併せ持っているところ。

お寿司や刺身を食べるときには、この上なく重宝。

c0025348_14303127.jpg
実は醤油皿としても高性能。

皿の形状にちょっとした工夫がしてあって、窪みが左に行くほど深くなっています。

そのため、少ない醤油でも常に一箇所に醤油が溜まる!

いったい、どんだけ「重宝」と言わせたいのか……。
c0025348_14303209.jpg

図柄も様々あって、全部で何種類置いてあったか記憶が定かではありません。

今回は、長崎モチーフの「ハタ」。そして「千鳥」をそれぞれ色違いで買ってきました。

並べて眺めるだけでも楽しい。コレクションしたくなる衝動にも駆られますね。

c0025348_14303142.jpg
収納もこのとおり。

スタックした姿の美しさは波佐見焼ならでは。

c0025348_14303299.jpg
Amazonでも買えるみたいですが、長崎にお立ち寄りの際にはぜひご当地モチーフを!

[PR]
by riv-good | 2016-03-20 14:28 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎のひな祭りは「桃カステラ」で。

c0025348_11310607.jpg

「えっ?長崎だけの風習だったの?!」といえば桃カステラ。

長崎でひな祭りといえば、桃カステラを贈る習わしがあります。

桃カステラとは、カステラ生地の上に、桃をかたどった砂糖をコーティングしたもの。

もともとは女子の初節句で贈られる内祝の品だったようですが、最近では縁起物としての意味合いが拡大しており、お土産物からホワイトデーのお返しまで、オールマイティな贈答品としての地位を確立しています。

さて、この桃カステラ、まぁとにかく甘い。長崎市内には割と多くの和菓子屋がひしめいていますが、どこの桃カステラを食べても、まぁとにかく甘い。

見た目の可愛さとは相反して、カステラを砂糖でコーティングしたものですから、実質は砂糖の塊。

甘いものが得意でない人は、一口目で「おおぅ…」と悶絶の声をあげ、しばらくすると頭が痛いと訴え始めるくらいの、長崎にしかない激甘スイーツです。

さて話は変わりますが、ウチでは結婚記念日の2月28日に桃カステラを食べることにしています。

今年は正覚寺下電停そば「大竹堂」さんのを頂きました。

これまで食べた桃カステラよりも比較的甘さが抑えられておりまして、あっさり1つ食べきりましたとさ。
[PR]
by riv-good | 2016-03-01 11:30 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎の美味しいちゃんぽん

「長崎ちゃんぽんの美味しいお店はどこですか?」

非常に悩ましい質問である。

長崎を訪れた観光客が「美味しいちゃんぽん」を求めて地元の人に尋ねる。

すると彼はこう答えるのだ。

「リンガーハットが良かですばい」

この件は、ネットで読んだり人づてに聞いたりする話で、長崎を訪れたのにリンガーハットを紹介されてガッカリしたというオチである。

株式会社リンガーハット自身がこれをどう意識しているのかは分からないけれども、長崎の人がリンガーハットを勧める理由は分からないでもない。

一人でも家族でもデートでも使うので日常的な馴染みがあるし、どの店で食べても味のバラツキが少ない。価格も安い。

リンガーハットのちゃんぽんは長崎県内ではいわゆる「テッパン」のレベルにあるのではないかと思う。

「テッパンのちゃんぽん」

と言うとそれはそれで「焼きちゃんぽん」と混同してしまいかねないが、リンガーハットのちゃんぽんは、いつでも気軽に食べられるごくごく標準の味だ。

とはいえ旅行者であるならば、全国展開しているありふれたお店を紹介されたのでは納得できないだろう。

「美味しい長崎ちゃんぽんのお店はどこですか?」

いっぱしの長崎人であれば悩む。食通の長崎人であればあるほど答えに窮する深い問いである。

問いかけられた者は、インスピレーションを得るために禅を組んで瞑想に耽るかもしれない。

またある者は、食材の好き嫌いから始まり、その生い立ちや、ふだんの生活習慣などなど、あなたのことを根掘り葉掘り訊き出すかもしれない。

もしかすると、

「トルコライスでも食べながら、じっくり話ばせんですか?」

と、違う種類のメシを勧められる結果に至るかもしれない。

それへの回答はハードルが高い。

スープ・具材・麺、店によってどれも違う。そのバリエーションは、いわば各家庭のカレーライスに匹敵する。種類が豊富すぎるのだ。

旅行者がはたしてどのようなちゃんぽんを「美味しい」と感じるのか?期待に応えるためには、その人の趣向や味覚についての情報を事細かにヒアリングする必要性が出てくる。

訊かれる長崎人とは逆の立場になってみよう。

とりわけ団体で訪れる観光客にとっては、ツメツメの旅程の中において、出会えるちゃんぽんの選択肢はきわめて限られる。

おそらく広告力のある大手のちゃんぽんを食すことになるだろう。それでも、長崎ちゃんぽんのバリエーションのone of themでしかないことは忘れて欲しくない。

「まぁ、こんなものか」

という味だったなら、他に美味しいちゃんぽんがきっとある。
[PR]
by riv-good | 2013-01-24 19:50 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(1)

赤福の木べらをストラップにする

c0025348_23484764.jpg

伊勢名物といえば「赤福」。赤福といえば、木べら!

この木べら、質感がしっかりしていて、このまま捨てるには忍びない。何か他に使い途はないものかと思案していたところ、「ストラップにしてしまえ!」と思いついたのでした。

では、さっそく作ってみましょう。


まずは採寸。
c0025348_2349155.jpg

ストラップにするには紐を通す穴が必要です。

どのあたりがいいかな…と、まずは穴の位置を決めます。


とはいえ、初めての試みなので、だいたいの位置にアタリをつけます。
c0025348_23491899.jpg

今回は木べらの上辺から約5mmの位置が、穴の中心となるように決めてみました。


穴の位置が決まったので、電動ドリルで穿孔。
c0025348_23493674.jpg

キリでも穴は開けられるのでしょうが、ここはちゅいーんと一発で仕留めます。

ドリルの径は4mmにしてみました。


これで完成…でもいいのですが、今ひとつシマリがありません。
c0025348_2349485.jpg

では、ヤスリがけで仕上げてみましょう。


まずは500番の紙ヤスリで表面を荒削り。
c0025348_2350083.jpg

角ばった部分は面取りするイメージでヤスリがけ。


さらに1000番の紙ヤスリで仕上げ。
c0025348_23501146.jpg

画像では分かりにくいですが、非常にツルッとした手触りになりました。


最後にストラップを穴に結びつけて完成。
c0025348_23502490.jpg

赤い紐だと縁起物っぽく見えなくもないですなー。

近々、ニス仕上げも作ってみる予定。
[PR]
by riv-good | 2012-05-25 08:00 | 造道楽 | Comments(4)

落合庄右衛門「神橋ブドー酒」「折鶴ソース」の手提げ

先日、栃木県・益子陶器市で購入した手提げ。

酒屋の前掛けが素材になっているらしくて頑丈。用途としては、おそらく一升瓶など入れて運ぶものではないかと思われる。

野田醤油(現キッコーマン)って書かれた手提げもあったけれども、ご当地栃木県にちなんで「神橋ブドー酒」と書かれたのを選んだ。「神橋」と言えば日光ですからねー。

c0025348_2345396.jpg


表と裏のデザインが違っていて、ひっくり返すと「折鶴ソース」。これは素敵。

c0025348_2303293.jpg


メーカーが気になった。

神橋ブドー酒の側は「落合庄右衛門」、折鶴ソースの側は「落合商店吟醸」とある。電話番号は同じなので別業態の会社かもしれない。

WEBで調べてみたが、あいにく会社そのものの情報は出てこず。でも「オリヅルソース」はまだ現役で売られているみたいだ。地元では有名なのかも。

で、早速だけど、この手提げはランチバッグとして・・・

c0025348_2311439.jpg


邪魔が入った。

ランチバッグとして使っている。

c0025348_2333651.jpg


陶器市価格、600円(税込)。

弁当を持ち歩くのに、いいサイズ。
[PR]
by riv-good | 2011-11-07 23:26 | テレショップ少将 | Comments(2)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る