タグ:九州 ( 6 ) タグの人気記事

浦島海苔を求めて

同僚がKOOLのシガレット・ケースを持っているのを見て、

「あ、それ浦島海苔?」

と、訊いてしまった。

大きさといい緑色といい、ちょうど浦島海苔のパッケージのように見えた。ランチタイムだったし、同僚もまた九州人であるという諸条件が重なって、浦島海苔を持ち歩いている風に見えたわけである。

浦島海苔というのは、九州地方では「知らぬ者なし」とその名を轟かせる海苔の一大ブランドであり、関東における「白子のり」に匹敵する存在であると言えよう。期待にたがわず、パッケージには亀にまたがった浦島太郎があしらわれている。

この日を境に、わたしは無性に浦島海苔を食べたくなった。その夜、実家の母から電話がかかってきたのは、なんたる偶然だっただろうか。

近況報告のついでに、「浦島海苔を送ってくんしゃい」と頼む。そして「まかせんしゃい」と言わんばかりの返事を貰い、電話を終えた。

そして今朝、ついに荷物が届いた。

ダンボールを開けてみたところ、出てきたのがこれだ。
c0025348_20592090.jpg

「マルマサ 焼のり 贅卓」

違う。浦島海苔ではない。

まさか、と思う。ダンボールの中をまさぐる。もう1袋、海苔と思しきパッケージが出てきた。

「マルマサ 焼のり 贅卓」

おいっ…。

言葉を失いかけたわたしは、

「ウラシマ」「マルマサ」

ふたつの言葉を何度か口に出して反復してみる。

聞き間違える要素がない。

「ウラシマ」「マルマサ」

聞き間違いでないとすれば、しりとりだろうか。

さらにダンボールをまさぐると、海苔茶漬けと鮭茶漬けが出てきた。

悲しいかな、こちらは正真正銘の浦島海苔ブランド。

だが、お茶漬けだった。

惜しい。

いや、惜しくない。海苔とお茶漬けでは大違いだ。

そんな顛末があり、今わたしの手元には、マルマサ海苔が全部で96枚ある。
[PR]
by riv-good | 2008-01-20 21:03 | 呑喰道楽 | Comments(5)

ブラック・モンブラン(竹下製菓)

c0025348_18411854.jpg近所のセブンイレブン(松戸小山店)は、意外なほど意外なモノを扱っているので見逃せない。

今回はなんと、九州でしか手に入らないアイスクリーム「ブラック・モンブラン」を入手!

関東にも似て非なるアイスクリームはあることはあるんだけど、やはりブラック・モンブランは、ブラック・モンブランなのです。

食べるとクランチがぽろぽろぽろぽろ落ちるので、小さい頃は、

「外で食べんしゃーい!」

と、よく叱られたものでした。


c0025348_18474815.jpgところで、セブンイレブンでは現在、「九州・沖縄お菓子味巡り」なるキャンペーンを展開していることが判明。

つまり、ブラック・モンブランは小山店じゃなくても買える!すばらしい!

わざわざパッケージに、

「九州名物」

と書いてある理由が分かりました。

全国(?)展開中なのですねー。

※2007年06月28日、一部編集して再投稿
[PR]
by riv-good | 2007-06-26 18:44 | 呑喰道楽 | Comments(0)

千亀女

c0025348_1102215.jpgこれもまた第33回優勝記念の贈り物。

「芋焼酎は苦手なのですが・・・」

という同僚から頂戴した『千亀女(せんがめじょ)』である。

彼女が某百貨店の九州物産展を訪れた際、

「試飲してみたら、わたしでも呑める焼酎だったので」

とプレゼントしてくれた。

日本酒が好きな人の言うことなので、

(きっと辛口のヤツだな?)

と予測していたところ、やはりそうだった。

『千亀女(せんがめじょ)』と言えば、奇遇にも数日前、本格焼酎特集が組まれた雑誌『Pen』のバックナンバーを読んだばかりで、その名は記憶に新しかった。

雑誌の中では代表的な麦焼酎として紹介されていたけど、こちらは麦ではなく芋。

辛口であるばかりでなく、芋の香ばしさがフワっと鼻を抜ける。

好きなタイプである。


c0025348_1103886.jpg余談だが、パッケージをひっくりかえして眺めていたら、蔵元の所在地が気になった。

回文のようであり、早口言葉のようであり、漢字の上半分だけ見ると模様のようにさえ見える。

似たようなもので、

「市川市市川」

なんてのがあるけど、

「志布志市志布志町」

には、かなわないな。

圧巻。


こうすると、もう何のことだかさっぱり。
c0025348_110572.jpg
[PR]
by riv-good | 2007-05-26 00:00 | 呑喰道楽 | Comments(0)

祝の赤・海童(かいどう)

無職期間に飲んだ焼酎最終回を飾るのは、芋焼酎・海童(かいどう)である。
c0025348_1524426.jpg
雑誌の広告なんかでしょちゅう見かけるので、外見のインパクトと相まって、知名度の高い芋焼酎ではないだろうか。

海童といえば、シャアを彷彿とさせるボディの赤色。中の液体が赤いのか?と思わせるが、瓶が赤いのであって、液体それ自体が赤いのではない。

気になるお味はというと、けっこう辛口。焼酎で"辛口"という表現は適切なのかどうかはわからないが、ノドにきゅーっとくる感じがある。

前に取り上げた黒霧島とは、明らかに口当たりの差があるので、2本交互に飲むと結構おもしろい。気がおかしくなりそうである。

個人的には黒霧島の穏やかさが好みかな。

c0025348_1525686.jpg
なお、右画像は幻の焼酎、量産型・海童(非売品)である。
[PR]
by riv-good | 2005-03-21 01:54 | 呑喰道楽 | Comments(2)

黒霧島

今度の仕事は、平日と日曜日が週休。わたしは水曜日が休みとなった。週の真ん中で一息入れられるってのは、なんだか嬉しい。
c0025348_1423961.jpg
さて、今回取り上げた芋焼酎は「黒霧島」。画像はレタッチしすぎた。

黒霧島の良いところは、何と言っても手頃なこと。居酒屋でボトル・キープすると2,3千円取られるのだが、セブン・イレブンなんかだと1000円くらいで買えてしまう。

それでいて美味しい。「あ~、これが芋の焼酎なのね」と初めての人にも楽しめる味である。

そういえば、わたしはこの黒霧島で鮮烈な芋焼酎デビューを飾った。つい昨年の夏のことである。

九州人3人が新橋に集い、たまたま入った居酒屋で黒霧島を2本空けた。妙に楽しくて、異常に酒が美味しかったせいだ…と記憶している。

しかし、帰宅するまでの記憶は見事に途絶えている。そのうえ、翌日は飲み過ぎが祟り、会社のトイレで喀血。

そんな苦痛を経ながらも、以来、芋焼酎が大好きになった。なんともおかしな話である。

ともかくも芋焼酎への目覚めとなった一品としてオススメしたい。これもまた買ってこよう。
[PR]
by riv-good | 2005-02-16 02:21 | 呑喰道楽 | Comments(7)

ムロカ原酒

めでたくも2週間にわたる無職週間の終焉を迎えた、ID:riv-good、ハンドルネーム:衣谷(ゆう)です。別称がいろーいろあると、ほんなこて、ややこしかとね。

さて、この無職ウィークの最中、わたくしめは不摂生きわまりない生活をいたしておりました。遅寝・遅起きは当然のこと。そしてそして、芋焼酎三昧。( ̄¬ ̄)

つきましては、今まで貯めていた芋焼酎のボトルが何本か空きましたので、事後レビューしておきたいと思います。

今回は「ムロカ原酒」。
c0025348_1153258.jpg
昨年7月、新橋・汐留にある“Sho-Chu AUTHORITY”で購入したのですが、当時はまだ焼酎の味について確信を持っていませんでした。

そのため、小生WEBでは中途半端なレビューに終わったのですが、今は自信を持って言えます。

うまい!

この一言に尽きます。お値段は2300円前後と、コンビニで買える焼酎とは2倍ほどの違いがありますが、これはオススメ。

香ばしい芋の香りと、濃厚な味。あまりに気に入ったので、親父の誕生日プレゼントとして、長崎の実家に送ってしまいました。

次の職場はまたしても新橋・汐留。また自分用に一本買おうと目論んでいます。
[PR]
by riv-good | 2005-02-14 01:18 | 呑喰道楽 | Comments(3)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る