タグ:フードアナリスト ( 14 ) タグの人気記事

長崎県島原産 めかぶ

金曜日、TBSラジオの「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」を聴いていたら、三陸産の生わかめの話題に。

リスナーから「生わかめ以上に風味が良いのが「めかぶ」で毎年お取り寄せしています」という投稿があって、それについて山瀬まみのコメントが深く深く印象に残った。

「2〜3週間くらいしか最盛期がない」

えっ?

「『めかぶ』はでっかいマツボックリみたいになってんだよね」

ええっ?!

「鶏頭の花みたいなやつ!」

ええええっ?!

めかぶについて、短時間にこれほど豊富な知識を得たことがあっただろうか。

(メカブ…鶏頭ノ花ノヨウナ…旬ノ…食ベタイ…)

知識は願望に変わり、意識に刻み込まれた。

とはいえ、生のめかぶである。

おいそれと手に入るものではないだろう。今まで、スーパーに並んでいるところを見たことがあったかどうか…記憶がない。

明くる土曜日、とあるディスカウントストアの鮮魚コーナーに1m超のヒラス(ヒラマサ)が陳列されていた。

おお…これは凄いと近寄ってみると、なんとその鼻先に積まれていたのは島原産の生めかぶ!!

1パック198円

ずいぶん呆気なくゲット。しかも、安くて驚いた。

c0025348_22575090.jpg

c0025348_22575005.jpg

c0025348_22575155.jpg

「鶏頭の花」とは言い得て妙。たしかに鶏頭の花に似ている。ウェービーなモリゾーのようでもある。

さて、生めかぶの調理方法はとっても簡単。

2〜3秒湯通しして、鮮やかな緑色に変わったら冷水で締める。

あとは芯を取り除き、細かく刻んで、ハイできあがり!
c0025348_22575192.jpg

c0025348_22575290.jpg

味付けは、醤油・酢醤油…お好みで。

個人的には、南島原・喜代屋さんの「うまいんで酢」がベストだった。甘口の三杯酢が食欲に加速をつける。

そのまま食べても美味しいし、納豆に混ぜてネバリMaxを楽しむのも良いし、炊きたての白いごはんに乗せて楽しむのも良い。
c0025348_22575257.jpg

ちなみに、めかぶの旬は3月〜4月。まさに今!

旬を過ぎると風味がガタ落ちするそうなので、【見かけたら買う】スタンスが大切。

それにしてもラジオを聴いていなかったら、例年どおり、めかぶの前を素通りしていたことだろう。

今まで生きてきて、山瀬まみに感謝したい気持ちでいっぱいになったのは初めてのことである。

[PR]
by riv-good | 2017-04-26 18:00 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

五島産 きびなご 1kg

地方に住んでいると、思いがけないお裾分けにありつけることがある。

先日、週に何日か五島に勤務している知人からメッセージが届き、「貰ってくれませんか」と懇願された品が、きびなごだった。

これ、どうぞと彼が手渡したビニール袋は意外にも重たい。

「えっ?こんなに?」

と反応したところ、

「むしろ、そのくらいでいいんですか?」

とインフレを煽る一言が返ってきた。

彼は乗ってきたクルマの後部座席のドアを開け、さらには助手席のドアも開け、ほらこんなに…と、その実態を披露する。

「わー!!」

地元の人から「いつもお世話になっとるけん」とお礼に受け取ったそうなのだが、量が常軌を逸している。

もしかすると五島の住民にとっては日常的にやりとりする量かもしれないし、または知人が彼の地において果たしている偉業への対価…すなわち感謝の量なのかもしれない。

しかし、第三者の目に映るのは「貰った」というよりも「仕入れた」という方が自然のように思える量であった。

自室に戻り、妻にビニール袋を持たせると、

「えっ、こんなに?」

と同じ反応が返ってきた。

「だろ?」

ビニール袋の口を解いて中身を覗く。一瞥して数えきれないことを悟ったのでスケールに乗せる。デジタルは約1kgの数値を示した。

きびなごが1kgもある。

きびなごがどんな魚かを想像できない人は、「うまい棒」をキロ単位で手渡されるのを想像してみると良いだろう。

変な声が出るはずだ。

さて、格好の調理方法はというと天ぷらだ。

魚の鮮度を活かし、かつ手軽に味わうにはもってこいの料理。知人も天ぷらにしたところ仰け反るほど美味しかったとFacebookに書いていたし、ワタを取るなど下処理さえ不要というので、我が家でも天ぷらに決めた。

c0025348_01034519.jpg

きびなごの群勢をざっと水洗いして、穴あきボウルに入れて水を切る。

天ぷらの衣には卵の代わりにマヨネーズを使った。専用の天ぷら粉を買い求めなくても、水・小麦粉・マヨネーズの3つだけで、サクサクに揚がる。

レシピはキューピーのサイトを参考にした。

役に立つかは分からないが、きびなご1kgに対しての分量を記しておく。レシピの2倍量だ。
小麦粉・・・100g
水・・・150ml
マヨネーズ・・・大さじ2

キューピーのレシピを引用しながら恐縮だが、ウチは松田のマヨネーズを使用している。しかし、仕上がりにはまったく影響なし。

(マヨネーズの味がする天ぷらなんてヤだ…)

できあがりの風味を恐れる人もいるだろう。しかし、恐れることなかれ、マヨネーズを使った痕跡は味として残らない。残るのはサクサクの食感だけである。まだ試していない人はぜひ。

c0025348_01034620.jpg

はい、きびなごの天ぷら、できあがり!

ファミレスのメニュー風にいえば、「山盛りきびなごフライ」といった感じだろうか。

そのお味は抜群。新鮮なきびなごにも特有の苦味があると思うのだが、それを感じないのは五島の海のポテンシャルかもしれない。きびなごの食生活が良いのだ。

テーブルに置いておくと、スナック感覚で手が伸びてしまう魔性のきびなご。

いつも狙って食べられるものではないが、次に機会があれば2kgくらい引き受けても良いよ。
[PR]
by riv-good | 2017-03-25 11:35 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

肉のハナマサ・チキンレッグカレー

先日、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」の中で紹介されていた衝撃のレトルトカレー。
c0025348_22500747.jpg

パッケージにはこう書かれている。

鶏もも肉を豪快に1本煮込みました。

「豪快に」という言葉からは、料理人が肉を鍋に投げ入れる様子が容易に想像できよう。

骨つきの鶏もも肉をブーメランのように携えたシェフが、ぶん!と投げる。白い筒状の帽子が、投げた勢いで頭から外れる。シェフはそれが地面に到達する直前に、ぱっしと掴む。

鶏もも肉はビュンビュンと回転しながら風を切り、宙を突き進むこと約80m。鮮やかな放物線を描きつつ寸胴鍋の中にドボーンと吸い込まれて完成したカレーが、こちらになります。

さて…このカレーには、以上の妄想のとおり、本当に骨つきの鶏肉が1本丸ごと入っている。パッケージの写真はフィクションでも何でもない。

調理方法は他のレトルトカレーと変わりがなく、パウチごと茹でると完成する。ただし、茹で時間はふつうの約3倍ほど掛かる。つまり10分だ。

では、いつものカレー皿に盛り付けてみましょう。

c0025348_22500855.jpg


あゝ、ギリギリ!なんて量だ!!

あまりのルゥの多さに、2膳分のゴハンがカレーの底に沈んでしまった。

この量なら茹で時間10分も納得だ。

パッケージの裏面を読んでみると、これまたビックリ。

c0025348_11553565.jpg


内容量 500g(1〜2人前)

「1人でもいいけど、2人がかりでもどうぞ」

そんな懐の深いレトルトカレーって、あっただろうか。

さらに驚かされるのは価格である。溢れんばかりのカレールゥと丸ごと1本のチキンレッグが入って、はい、このお値段。

398円(税別)

安い…一体何なんだ、このカレーは。

ちなみに肉のハナマサは「プロ仕様」を謳う24時間営業のお肉屋さん。首都圏エリアのお店なので、九州では馴染みがないお店の一つ。

興味があれば、Animo!という肉のハナマサの通販サイトから入手できますぜ。


[PR]
by riv-good | 2017-02-14 12:00 | 呑喰道楽 | Comments(0)

屋台ラーメン(味のマルタイ) 2017

このブログで「屋台ラーメン(味のマルタイ)」を取り上げたのは、もう10年以上も前のこと。

当時は九州を懐かしむ立場にあったが、長崎に帰郷すると状況は一変した。

関東では手の届かぬ存在だった「うまかっちゃん」「これだ」などの名作袋麺たちが、いつでもどこでも入手できてしまうせいだ。

もはや空気と同じ存在になってしまった今、懐かしさなんてどこへやら…。

そんなおり、屋台ラーメンがリニューアルしていることに気づいた。

ちなみにこちらが旧版のパッケージ。昭和の老舗感が香しい。

c0025348_09052309.jpg


はい、こちらが現行版のパッケージ。
c0025348_18150514.jpg

袋がメタリックになりキラキラである。以前は「九州味」と曖昧に表現されていた味も、ズバリ「とんこつ味」と断言されるようになった。

そういえば、盛り付け例も派手さを増している。

旧版は紅ショウガと小ネギだ。昭和のインスタントラーメン事情を物語る、ある種の寂しさが漂っている。

かたや新パッケージはどうだろう。煮卵やチャーシューなど花形選手が目白押しだ。ここは桃源郷だろうか。

否、現実世界である。これが平成のインスタントラーメン事情だ。

コンビニに出向いて、袋麺と同じ気軽さで、真空パックされた煮卵・チャーシュー・メンマなどをカゴに放り込めば良い。そんな時代になったのだ。

新パッケージのキラキラはともかく、盛り付け例の豪華トッピングは、何もかもレトルト化された世相を反映していると言えよう。

…。

……。

………トッピング。

そういえば「ラーメンの具」のことを、いつしかトッピングと呼ぶようになっている。「具」に比べて、かなり婉曲な表現を積極的に使うようになった。

この傾向を「具」が他の比喩として用いられるようになったことと結びつけるのは、いささか考えすぎだろう。

「具が見えているよ」と指摘したり、「具が出ちゃいました」と申告したりするときの「具」のことを、トッピングとは呼ばない。

そんなことはどうでもいい。

c0025348_22552358.jpg

さて、袋の中身はというと旧版との変化はない。麺・粉末スープ・調味油の3点セットだ。

c0025348_22552430.jpg

仕上がりはこちら。旧版では調味油を注いだ瞬間、ゴマの香りが立ち上り「出前一丁」を彷彿とさせたものだが、現行版ではゴマの印象がそれほど強くない。

「九州味」から「とんこつ味」と味のポジションを明確にした所以は、ゴマ風味を控えたことにあるのかもしれない。

とんこつ特有の匂いは「うまかっちゃん」に及ばず。「屋台ラーメン」はマイルド路線のとんこつラーメンといえるだろう。

[PR]
by riv-good | 2017-01-11 13:00 | 呑喰道楽 | Comments(0)

【謹賀新年】白ちょろぎ

c0025348_09325189.jpg

新年あけまして おめでとうございます。

今年の正月は長崎の老舗料亭「坂本屋」のお節料理で幕を開けました。

一段でしたが、大人2人で食べるには十分すぎる量。一品一品の味付けが上品で、最後まで食べ飽きないというのには驚かされました。カレーとケンタッキーの出番なし!

さてちょっと気になったのが、黒豆と同じ升に添えられている「ちょろぎ」。

「白い」と妻。

どうやら、ちょろぎは梅酢などでほのかな紅色に染められるのが定番のようです。

「白ちょろぎだ」

ちなみに、ちょろぎというのはシソ科の多年草。江戸時代に中国から伝わったとされ、根っこにできる巻き貝のような形をした部分を食べます。

お節料理のような縁起物の場合は「長老喜」と記すようですが、書き方は様々のようです。詳しくはWikipedia「ちょろぎ」の項目をお読みになると良いでしょう。

ちょろぎとは全く無関係ですが、語感から想像するのはこれです。

c0025348_12085320.jpg

今年もどうぞよろしくお願いたします。

[PR]
by riv-good | 2017-01-06 12:00 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

江戸町・群来軒のちゃんぽん

過去の話題になるが、ブラタモリ・長崎編のエンドロールでのこと。

ちゃんぽんらしきものを食す桑子おねえさん&タモリ氏の姿。本編には出てこなかった場面が、スチールで映し出される。

twitterの反応によると、 このワンシーンを食い入るように見つめていた長崎県人は多かったようだ。

c0025348_23332223.jpg


「どこのやろか…」

県人たちは口々に呟いた。

この興味の核心は、「あの食通・タモリ氏に、いったいどこのちゃんぽんを食わせたのか?」である。

しかし一部の県人たちにとって、このちゃんぽん屋の特定は容易いものであった。

「郡来軒やね」

手がかりとなったのは背景だ。晴れなのか曇りなのか雨が降っているのか外の天気さえ窺い知れないブラインドの掛けられた窓。それである。

群来軒は長崎市の江戸町にある。歴史的史跡「出島」がある場所なので、フリープランで観光に来られた方なら無理なく足を運ぶことができる。

ただ、店の外観は"THE 中華料理店"のような派手さがなく、ぼんやり歩いていると見落としてしまう。出島側から江戸町商店街に入るとスグ赤い看板が出ているので、それが目印。場合によっては、客の行列が目印になるかもしれない。

群来軒のちゃんぽんはとてもシンプル。スープも動物性の脂っぽさがなく、旨味がある。一言でいうと上品。

もし長崎観光のスケジュールに余裕があるなら、初日からは他の店のちゃんぽんを食べ歩き、日程の最終日に群来軒を訪れてみるといいだろう。その上品さが何かを実感できるはずだ。

c0025348_11412269.jpg


さて、群来軒にてぜひとも達成したいことが1つある。

それは…

「タモさんの通された席で、ちゃんぽんを食べたい!」

おそらく二階の奥にある席なのだが、ここに通されたときのために、タモリのモノマネをマスターしておこうと思う。披露できるのはいつの日になることか…。

[PR]
by riv-good | 2016-12-06 22:30 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎県産 ボラ

ふらっとスーパーの鮮魚コーナーに立ち寄ったところ、ボラが売られているのを発見!

かなり大きく身も厚い。そして何より、安くない?これ。大きな片身が250円だもんなぁ。

c0025348_21583588.jpg


ボラは川と海を往来する魚だけに、泥臭いと不評な魚。しかし、実家で食べたのは美味しかった記憶しかない…ということで購入に踏み切りました。

ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑によると、オススメの食べ方は「洗い」と「刺身」のようだ。

せっかく刺身用を買ってきたのだから、生で食べてみるのが一番ですね。

c0025348_21583685.jpg


ということで、洗いと刺身にしてみました!洗いは身を氷水に浸すだけ、刺身は切るだけの簡単調理です。

泥臭い?とんでもない!目隠しして食べさせられたら「生の牛肉??」と答えてしまいそうな味わい。

洗いは冷水で締めるだけなのに、刺身とは違ってコリコリした食感に早変わり。

んー、ボラ、侮れぬ。

[PR]
by riv-good | 2016-12-02 21:29 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

南島原・喜代屋「バジスコ」

いつもお世話になっている雲仙市小浜のパインテールファームさんのピッツァを食べたときのこと。

テーブルに置かれた見慣れない緑の瓶。一瞬「ユズスコかな?」と思いきや、ラベルを見ると「バジスコ」と書いてある。

c0025348_15480590.jpg


どんなものかと試してみたら…何コレ!すっげー美味しい!!

というのがバジスコとの馴れ初めでした。

バジルの爽やかな香りと青唐辛子の辛味がたまらず美味しい。

こういうホットソース系を口に入れたとき、「酸っぱい」とか「辛い」といった言葉よりも先に"美味しい"という感想が出てくること自体が不思議。

さらに驚いたのが、長崎の南島原で生産されているということ。ラベルの裏を見ると、喜代屋さんの屋号が記されています。

喜代屋さんと言えば別名「みそ五郎の蔵」ですよ。その渋さからは「バジスコ」なんてモダンな商品を隠し持っているとは想像もつきません。

さて、バジスコと出会って以来、我が家には調味料革命が起こりました。

タバスコの守備範囲はバジスコによって取って代わられ、パスタやピッツァはもとより、

「小麦粉から作ったものなら何にでも合う」

と勢力範囲を広げたのでした。

関東の知人にも送りつけたところ、どうやら豆腐にも合うようで、酒の肴のお供としても活躍中。

こんなに洗練された素敵な調味料が南島原で生み出されていたとは、本当にビックリ!これは全国に名を轟かせるに違いない!

[PR]
by riv-good | 2016-08-29 15:46 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

雲仙市吾妻町・雲仙あかね豚ハンバーグ

雲仙市吾妻町にある「雲仙あかね豚」の直売所「雲仙どまんなか」を訪れました。

目当てはここの「雲仙あかね豚ハンバーグ」。

東京在住のオカン(義母)が"ふるさと納税"をきっかけにして大変気に入り、先日は20パック送ってくれと頼まれ、今回はさらに10パックの追加オーダー!
c0025348_20074407.jpg
あかね豚の旨味とタマネギの甘さがたまらなく美味しいハンバーグなのです。

c0025348_20081531.jpg
原材料名を見てみると・・・豚肉(雲仙市吾妻町産)・たまねぎ・パン粉(小麦粉)・砂糖、以上。
食品添加物、一切なし!

それでいて、わざわざハンバーグソースを用意する必要なし。
何も掛けなくても美味しい。
そういうハンバーグはなかなかありませんね〜。

通販サイトなどは用意されていないので、入手希望の方は直売所「雲仙どまんまか」までご連絡を。
諫早市内であれば「大地のめぐみ」でも取り扱いがあります。

[PR]
by riv-good | 2016-08-21 20:07 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎のアンテナショップ「日本橋 長崎館」へ

c0025348_11242205.jpg
今年「長崎のアンテナショップがついに東京出店!」というニュースが県内外で取り上げられました。

関東に住んでいた頃、

(熊本や宮崎はあるのに、どうして長崎のアンテナショップは存在しないのか…)

と疑問を抱いていたものです。

それらしい施設は四谷にあったみたいですが…とても気軽に立ち寄れるような立地ではありませんでした。

今回は好立地!なんと日本橋!!東京駅から徒歩で行ける!素晴らしいですね〜。

ということで、先日上京したついでに様子を伺って参りました。

一体どんな品揃えでもって長崎をアピールしているのか、とても気になっていたのですが…杞憂に終わりました!

すごい、すごい。

長崎から手土産で持参するモノ・持参したいモノがほとんど揃っている!

その一例を挙げると・・・

  • 五島産のあおさ
  • 長崎俵物(きびなご一夜干し・五島列島 あじ桜干し)
  • こじまの角煮
  • 五島牧場 あらびきウィンナー
  • 福建の製品(長崎ちゃんぽん・よりより)
  • 各種 五島うどん
  • かんころ餅
とにかく、県外の人にぜひ食べてもらいたいモノが盛りだくさん。

品揃えに物足りなさを覚えたジゲモンもいらっしゃるようですが、輸送コストや保存性などなど考慮しないといけないので、地元スーパーのような機能は期待できないでしょう。

アンテナショップの目的からすると、

「長崎に来んね!」

ですからね。

(ご当地には、もっとヨカモンのあっとばい)

と匂わせる要素が揃っていれば、アンテナショップとしては十分機能していると思います。

東京駅近辺にお越しの際は、ぜひ日本橋 長崎館にお立ち寄りを!

▼公式サイト
日本橋 長崎館: http://www.nagasakikan.jp

[PR]
by riv-good | 2016-05-11 11:22 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎県諫早市出身。約10年の関東生活を経て長崎市在住。長崎の料理や食材のレベルの高さを思い知らされる日々。長崎の食卓事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る