タグ:ネコ ( 35 ) タグの人気記事

チャンピオン直子

c0025348_940238.jpgとあるペットショップのサイトで、ペットのプロフィールを見ていたら、血統書の欄に「チャンピオン直子」と書いてあるのを見つけた。

「チャンピオン直子」だ。よくよく見てみたら、そのペットだけでなくて、そこで売られているすべてのペットに「チャンピオン直子」と表示してあるではないか。

(こいつは、すごい)

身震いしたわたしは相方に、とにかく「チャンピオン直子」が大変な数だと、鼻息も荒く報告する。

「『チャンピオンなおこ』って、きっと相当なブリーダーなんだろうね。自分の名前に『チャンピオン』って付けてしまうくらいだもの。こいつはな…かなりの自信家に違いない。」

相方、答えて曰く、

「それ、『なおこ』じゃなくて『ちょくし』。チャンピオンの直接の子どもっていう意味。」

「あっ、。。。」



そんなわたしですが、近々ライブをやります。

■日時: 2009年10月17日(土)
■場所: 飯田橋Space With
■詳細: 未定

バンドのホームページはこちら。

Purple Haze: Deep Purple Cover Band Project

c0025348_9532243.jpg

どうぞよろしく。m(_^_)m
[PR]
by riv-good | 2009-09-17 09:57 | ヒトの衣谷さん | Comments(0)

命名・ちはやBlackmore

c0025348_12505687.jpg


うちに新しいネコを迎え入れることになって、外で呼ばれても恥ずかしくない名前にしなきゃなぁ…と、いろいろ考えていた。

うっかりした名前をつけてしまうと、動物病院にかかったときに大変だ。受付などでは「○○ちゃん」とちゃん付けで呼ばれるのが慣習だが、先頭に自分の名字が付けられることもある。

誰かのネコだったか、「山本」と名字のような名前をつけたと聞いた。なので動物病院では、

「久保田 山本ちゃん」

なんて呼ばれているのだろうなぁ…なんてことを想像するとニヤニヤしてしまう。

さて。

新しいネコはマンチカンという短足のネコだ。うちにやって来たのは、スコティッシュ・フォールドとかけ合わせられたタイプらしく、短足な上に、耳まで折れている。

c0025348_12525939.jpg


耳が表立って見えないせいで、ぱっと見た感じでは、ネコなのかイヌなのかよくわからない。新種の動物っぽい印象さえ受ける。

名前は「ちはや」。

大和ことばの「千早ぶ」に由来している。広辞苑で意味を調べてみると、

勢い強くふるまう。強暴である。

(こっ、これは…)と思ったが、相方サンはどうも音の響きが気に入っているらしく、たぶんずっと前からそう決めていた様子でもあったので「ちはや」に決定した。

通称はBlackmore。

名前の案をブレイン・ストーミングしている段階で、「Yngwie」というのがあった。

スコティッシュ・フォールドの血を引いているというので、将来的にはきっとYngwie Malmsteenみたいな顔立ちになるんじゃないか?と想像したからだ。

しかし、診察券に「Yngwie」とだけ書いてあったら、動物病院のスタッフは読み方に困るだろう。

何の戸惑いもなく「イングヴェイちゃん!」と呼んでくれたとしたら、そのスタッフは少なからずハードロックやヘヴィメタルを聴く人だ。

「読めるかどうかで音楽の趣向がわかる」

名前にそういう踏み絵的な機能を持たせても仕方ないので、Yngwieは却下となった。

だったら「黒くてモアモアしているので、ブラックモア」の方が、わかりやすくてイイ。

そんな理由で、Blackmoreは通称として残すことになった。

c0025348_12513830.jpg


名前を決めてから2週間後、ショップに引き取りに行くと店主がこう言った。

「結構、暴れますよー。ま、だいじょうぶですけど」

【名は体を表す】とは、よく言ったものです。



相方サンが、ちはやBlackmoreのブログを開きました。【マンチカン ちはやBlackmore's Night】。

みるきゅっけ☆】とあわせて、よろしくお願いします。m(_^_)m
[PR]
by riv-good | 2009-09-14 13:03 | 猫道楽 | Comments(2)

帰京

前夜、出発時間と行動計画を入念にチェックしていたにもかかわらず、当日の初っぱなから1時間も予定が狂ってしまった。

実家を発つ朝のこと。昨夜夕飯の席で「仕事があるんで、見送りには行けない」と言っていたはずの父が、なぜかまだ家に居る。出発の支度をしているわたしを見て、「駅まで送ろうか?」と声を掛けてくれた。

わたしは掛時計の時刻を読んで「この時間に送られては早すぎるので」と、その夜に交わしたやりとりと同じ理由で辞退した。

(JR諫早駅まではクルマで10分。ざっと見積もったところで、9時49分発の特急まで約30分も待つことになる。駅ビルのような設備はないので、ヒマを持て余すのが目に見えている。)

そう判断した瞬間から、おかしなことになっていた。掛時計の時刻を読んだとはいえ、それは長針だけではなかったか?「時」を省略し、「分」だけでもって時間を読み取った。

つまり、8時10分と9時10分の区別ができていなかったことになる。

おそろしいことだ。

仮にこの時間感覚でカップラーメンを作ると、どうなってしまうのか。

12時00分にお湯を注いで、13時03分に食べ始める。

麺が、なんだかものすごくノビている。

……。

さて、当初の予定では、本諫早駅・9時29分発の島原鉄道に乗れば、早すぎず遅すぎず、ちょうど良い頃合いに諫早駅の4番ホーム辿り着けるはずだった。前夜、夕食を囲みながら、わたしは「明日は9時25分には家を出ます」と高らかに宣言し、母からは「ちょうど博多に阿修羅展を見に行ったときの特急に乗るとね」とのレスポンスも得られた。それほど、印象強い出発時刻だったはずなのだ。

あろうことか、父の見送りを辞退した僅か10分後に、それは起こる。

「時」の感覚が抜け落ちた長男は、荷物を背負い仏壇に掌を合わせて、両親に「ではではお元気で」と頭を下げ、小走りに本諫早駅へと向かってしまったのだ。

島鉄に乗り、5分足らずで諫早駅に到着。その足で4番ホームに向かう。すでに自由席の争奪戦が始まっていて、長蛇の列を作っている。指定席を取っていたわたしは悠々とホームの電光掲示板に目を遣った。何かが変だ。この10分後にやって来るはずの「特急かもめ12号」の情報が、そこには表示されていなかった。

「どうしてだ?!なぜ、かもめ12号が無いのだ?!」

それもそのはず。だって、1時間早いんだもん。

狼狽しながらも電光掲示板によく目を通してみると、次発の電車の時刻が目に止まった。

「9時8分・・・!」

ここでようやく、現在の時刻に気づいたのだ。まだ8時台じゃないか。

実家に電話を入れると、母曰く、

「おかしかねー、早かねーと思ったもーん」

「あははははは!」

大爆笑をもって、自分の失態を誤魔化すほかなかった。

電話を終えると、重い荷物を引きずって駅に隣接するミスタードーナッツに入る。アイスコーヒーを注文し、1時間を掛けて、徐々に氷が解け水のように薄まってゆく過程を楽しんだ。

8月18日(火)19時33分。新幹線のぞみ38号、東京駅着。

今夏の帰省を終えた。

c0025348_10332753.jpg


あいばのぅ。
(See you.)
[PR]
by riv-good | 2009-08-29 10:39 | 旅道楽 | Comments(1)

涼むぱんだ

洗面所で。
c0025348_18513874.jpg


応接間で。
c0025348_1851994.jpg


台所で。
c0025348_18523376.jpg


さすが、快適名人ですなぁ。
[PR]
by riv-good | 2009-08-22 18:57 | 猫道楽 | Comments(0)

2009年8月版・実家のネコ

かつてはネコ屋敷を通り越して「ネコのデパート」化していた実家ですが、めっきり数が減ってしまいました。

※2年前の模様は、こちら

■ホップ、ステップ、玉砕
c0025348_16444854.jpg


どことなく、流れ星ヘアーの仔ネコ。

他にも、小さいのが。

c0025348_16445859.jpg


■しっぽ一家
c0025348_16451343.jpg


画像左がしっぽ、まだまだ健在。

相変わらず、ベランダをテリトリーとしています。

警戒心の強さも、相変わらず。

綺麗に並んでカメラ目線で撮れていますが、実際はこちらの挙動を伺っている視線です。

例外はゴハンどき。

定刻になると、「ごはーん」と催促されるので、

ネコゴハンの入ったボストンバッグを片手に、

「ホラ、怪しいモンじゃないんだ。しょ、食料を持ってきたんだ。しょ、食料だ!」

とネゴシエーターっぽい演技をしながら近づくと、おもしろいほど逃げようとしません。


■ぱんだ
c0025348_16452538.jpg


2代目となった家ネコ。

シャープな顔立ちですが、首から下は・・・、

c0025348_16453439.jpg


このとおり。
[PR]
by riv-good | 2009-08-11 17:00 | 猫道楽 | Comments(2)

実家探訪 2009夏

■エノキノキ
c0025348_11483032.jpg

実家の裏に聳え立つ樹木。

よくよく考えると、身近に巨大な樹があること自体、珍しい環境だ。

捕虫網に竹を継ぎ足して、かなりの高さにとまっているセミを獲ったのを思い出した。

幼い頃に「エノキ」と教わったのだが、イノキとかエノキダケとかを、ごっちゃにしていて、区別がつかなかった記憶も蘇ってきた。


■クマゼミ
c0025348_11484188.jpg

最近、関東にも進出し始めたらしい、南国のセミ。

網戸にとまっていたのはメスだが、オスはワシャワシャと鳴く。

クマゼミのワシャワシャ大合唱が始まると、真夏だなぁ…と実感する。


■巨大金魚
c0025348_11485318.jpg

遠近法が狂っているのではなくて、単純に金魚がでかい。

左端の水槽の金魚が、ふつうサイズ。

鯉なのでは?と疑ったものの、口髭がなかったので、残念ながら金魚。

どうやったらこう育つのかは謎。


■ぱんだ
c0025348_1149481.jpg

実家で飼われている、シャム猫mix。

目の周りの模様から「ぱんだ」と名付けられたようです。

ぱんだを飼い始めて以来、タマは家出をしてしまったそうな。
[PR]
by riv-good | 2009-08-09 11:56 | 旅道楽 | Comments(0)

サイト・リニューアル 〜その2〜

c0025348_18163173.jpg
みるく&ゆっけのBlogを新設しました!

みるきゅっけ☆
 http://milkyukke.blog36.fc2.com/

「ネタに困ったら、子どもか動物だ!」

という黄金律にならい、当方もネコBlogに手を出すことにしました(笑)

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by riv-good | 2008-08-13 18:17 | 猫道楽 | Comments(0)

幕末の肖像

近藤勇
c0025348_14222143.jpg


土方歳三
c0025348_1422325.jpg


み、みるく?
c0025348_14225622.jpg


【画像資料】
国立国会図書館(近代日本人の肖像)
[PR]
by riv-good | 2008-05-31 14:24 | 猫道楽 | Comments(4)

寝起き

c0025348_21444890.jpg

[PR]
by riv-good | 2008-02-16 21:29 | 猫道楽 | Comments(3)

限りなく円形に近いゆっけ

c0025348_23555274.jpg

[PR]
by riv-good | 2008-01-07 23:56 | 猫道楽 | Comments(4)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る