江戸町・群来軒のちゃんぽん

過去の話題になるが、ブラタモリ・長崎編のエンドロールでのこと。

ちゃんぽんらしきものを食す桑子おねえさん&タモリ氏の姿。本編には出てこなかった場面が、スチールで映し出される。

twitterの反応によると、 このワンシーンを食い入るように見つめていた長崎県人は多かったようだ。

c0025348_23332223.jpg


「どこのやろか…」

県人たちは口々に呟いた。

この興味の核心は、「あの食通・タモリ氏に、いったいどこのちゃんぽんを食わせたのか?」である。

しかし一部の県人たちにとって、このちゃんぽん屋の特定は容易いものであった。

「郡来軒やね」

手がかりとなったのは背景だ。晴れなのか曇りなのか雨が降っているのか外の天気さえ窺い知れないブラインドの掛けられた窓。それである。

群来軒は長崎市の江戸町にある。歴史的史跡「出島」がある場所なので、フリープランで観光に来られた方なら無理なく足を運ぶことができる。

ただ、店の外観は"THE 中華料理店"のような派手さがなく、ぼんやり歩いていると見落としてしまう。出島側から江戸町商店街に入るとスグ赤い看板が出ているので、それが目印。場合によっては、客の行列が目印になるかもしれない。

群来軒のちゃんぽんはとてもシンプル。スープも動物性の脂っぽさがなく、旨味がある。一言でいうと上品。

もし長崎観光のスケジュールに余裕があるなら、初日からは他の店のちゃんぽんを食べ歩き、日程の最終日に群来軒を訪れてみるといいだろう。その上品さが何かを実感できるはずだ。

c0025348_11412269.jpg


さて、群来軒にてぜひとも達成したいことが1つある。

それは…

「タモさんの通された席で、ちゃんぽんを食べたい!」

おそらく二階の奥にある席なのだが、ここに通されたときのために、タモリのモノマネをマスターしておこうと思う。披露できるのはいつの日になることか…。

[PR]
# by riv-good | 2016-12-06 22:30 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎県産 ボラ

ふらっとスーパーの鮮魚コーナーに立ち寄ったところ、ボラが売られているのを発見!

かなり大きく身も厚い。そして何より、安くない?これ。大きな片身が250円だもんなぁ。

c0025348_21583588.jpg


ボラは川と海を往来する魚だけに、泥臭いと不評な魚。しかし、実家で食べたのは美味しかった記憶しかない…ということで購入に踏み切りました。

ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑によると、オススメの食べ方は「洗い」と「刺身」のようだ。

せっかく刺身用を買ってきたのだから、生で食べてみるのが一番ですね。

c0025348_21583685.jpg


ということで、洗いと刺身にしてみました!洗いは身を氷水に浸すだけ、刺身は切るだけの簡単調理です。

泥臭い?とんでもない!目隠しして食べさせられたら「生の牛肉??」と答えてしまいそうな味わい。

洗いは冷水で締めるだけなのに、刺身とは違ってコリコリした食感に早変わり。

んー、ボラ、侮れぬ。

[PR]
# by riv-good | 2016-12-02 21:29 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

南島原・喜代屋「バジスコ」

いつもお世話になっている雲仙市小浜のパインテールファームさんのピッツァを食べたときのこと。

テーブルに置かれた見慣れない緑の瓶。一瞬「ユズスコかな?」と思いきや、ラベルを見ると「バジスコ」と書いてある。

c0025348_15480590.jpg


どんなものかと試してみたら…何コレ!すっげー美味しい!!

というのがバジスコとの馴れ初めでした。

バジルの爽やかな香りと青唐辛子の辛味がたまらず美味しい。

こういうホットソース系を口に入れたとき、「酸っぱい」とか「辛い」といった言葉よりも先に"美味しい"という感想が出てくること自体が不思議。

さらに驚いたのが、長崎の南島原で生産されているということ。ラベルの裏を見ると、喜代屋さんの屋号が記されています。

喜代屋さんと言えば別名「みそ五郎の蔵」ですよ。その渋さからは「バジスコ」なんてモダンな商品を隠し持っているとは想像もつきません。

さて、バジスコと出会って以来、我が家には調味料革命が起こりました。

タバスコの守備範囲はバジスコによって取って代わられ、パスタやピッツァはもとより、

「小麦粉から作ったものなら何にでも合う」

と勢力範囲を広げたのでした。

関東の知人にも送りつけたところ、どうやら豆腐にも合うようで、酒の肴のお供としても活躍中。

こんなに洗練された素敵な調味料が南島原で生み出されていたとは、本当にビックリ!これは全国に名を轟かせるに違いない!

[PR]
# by riv-good | 2016-08-29 15:46 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎県諫早市出身。約10年の関東生活を経て長崎市在住。長崎の料理や食材のレベルの高さを思い知らされる日々。長崎の食卓事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る