<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリスマス会 2016

先週の土曜日、息子の保育園では暦よりも一週間早くクリスマス会が催された。

プロテスタント系の保育園ということもあって、正統なイベントが執り行われる。

クリスマス会は4部構成になっていて、まずはページェントと呼ばれるイエス・キリストの生誕にまつわる演劇。それから牧師さんのお祈りを経て、祝会と称する各クラスの出し物が披露され、会の最後にはサンタクロースがやってきてプレゼントを配る。

まさに半日がかりでキリストの誕生を祝うのだ。

今年のページェントでは息子にも「子羊」の役が与えられていた。ステージ上で6匹の子羊たちが聖歌隊の歌に合わせて踊った。ほんの1分足らずの出番だけれども、12月に入ってからはそれなりの時間を練習に費やしていたようだ。

そういえば、お迎えに行ったとき、先生から息子の歌や踊りについてこう訊かれた。

「大好きみたいですよー。おウチでも歌ったり踊ったりしてるんですか〜?」

している。といっても子羊役の練習とかではなくて、星野源の「恋」とか「Drinking Dance」などの最新曲を歌うし、恋ダンスはおろか他のPVのマネもちょいちょいやっている。

「お父さんも、踊りとかお好きなんですか?」と訊かれたこともあったのだが、そのときは、

「ええまぁ」

と口を濁し、目を逸らした。

ページェントは何事もなく終了。

会場内は我が子・我が孫の出し物を待つ祖父母や父母の熱気で充満していて空気が薄い。連れてきた下の子もヒマを持て余しておとなしくしていないので、牧師さんのお祈りが終わったタイミングで、わたしは園庭に出た。

やがて各クラスの出し物が終わる。クリスマス会はいよいよクライマックスを迎えた。そう、サンタクロースの登場だ。

サンタクロースは、園児一人ひとりに手渡しでプレゼントを配る。これくらいの年齢の子どもたちにとっては、刺激的で忘れられない思い出になるだろう。

さてここで、去年のクリスマス会にやって来たサンタクロースのことに触れておかねばなるまい。

コスチュームは完璧だった。サンタの帽子、サンタの白髭、サンタの服、プレゼントが入っているであろう白く大きな袋。そして台詞の英語も。

しかし、彼は褐色の日本人だった。帽子と髭の間に見える顔や、服の袖から出ている手が、何度目をこすって見ても浅黒いのだ。

「思ってたんと違う…」

率直な感想がうっかり口をついて出た。

今年はどうだろうか。

同じサンタクロースが来るのだろうか。

園庭からは2階の窓の奥に、控室から廊下を伝って会場に向かってくるサンタクロースの姿が見えた。

なんということでしょう。

会場の出入り口の前で立ち止まったのは、去年と同じ褐色のサンタクロースだった。

不意に背後の教室の窓が開いた。学童保育に来ていた小学生が顔を出して口々に言う。

「あのサンタ、誰?」

「あのサンタ、誰?」

学童保育の担任の先生が言った。

「誰って、サンタはサンタでしょうが。ねぇ?」

と、こちらに同意を求められて焦る。

「ええまぁ」

全ての子どもたちの名が呼ばれ、プレゼントが一人ひとりに行き渡ると、サンタクロースと過ごしたひとときもお別れを迎える。

スピーカーを通して司会進行役の先生の声が聞こえてきた。

「サンタさんプレゼントありがとう!お礼にみんなで歌って、サンタさんを見送りましょうね〜」

そうして始まった曲が、これだ。

『慌てんぼうのサンタクロース』

一週間も早く招かれたのに、慌てんぼう呼ばわり。

ああ、サンタよ。

ああ、褐色のサンタクロースよ。

Merry Christmas、楽しいクリスマスを。

c0025348_11133928.jpg


c0025348_11134065.jpg

[PR]
by riv-good | 2016-12-24 11:03 | ヒトの衣谷さん | Comments(0)

江戸町・群来軒のちゃんぽん

過去の話題になるが、ブラタモリ・長崎編のエンドロールでのこと。

ちゃんぽんらしきものを食す桑子おねえさん&タモリ氏の姿。本編には出てこなかった場面が、スチールで映し出される。

twitterの反応によると、 このワンシーンを食い入るように見つめていた長崎県人は多かったようだ。

c0025348_23332223.jpg


「どこのやろか…」

県人たちは口々に呟いた。

この興味の核心は、「あの食通・タモリ氏に、いったいどこのちゃんぽんを食わせたのか?」である。

しかし一部の県人たちにとって、このちゃんぽん屋の特定は容易いものであった。

「郡来軒やね」

手がかりとなったのは背景だ。晴れなのか曇りなのか雨が降っているのか外の天気さえ窺い知れないブラインドの掛けられた窓。それである。

群来軒は長崎市の江戸町にある。歴史的史跡「出島」がある場所なので、フリープランで観光に来られた方なら無理なく足を運ぶことができる。

ただ、店の外観は"THE 中華料理店"のような派手さがなく、ぼんやり歩いていると見落としてしまう。出島側から江戸町商店街に入るとスグ赤い看板が出ているので、それが目印。場合によっては、客の行列が目印になるかもしれない。

群来軒のちゃんぽんはとてもシンプル。スープも動物性の脂っぽさがなく、旨味がある。一言でいうと上品。

もし長崎観光のスケジュールに余裕があるなら、初日からは他の店のちゃんぽんを食べ歩き、日程の最終日に群来軒を訪れてみるといいだろう。その上品さが何かを実感できるはずだ。

c0025348_11412269.jpg


さて、群来軒にてぜひとも達成したいことが1つある。

それは…

「タモさんの通された席で、ちゃんぽんを食べたい!」

おそらく二階の奥にある席なのだが、ここに通されたときのために、タモリのモノマネをマスターしておこうと思う。披露できるのはいつの日になることか…。

[PR]
by riv-good | 2016-12-06 22:30 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎県産 ボラ

ふらっとスーパーの鮮魚コーナーに立ち寄ったところ、ボラが売られているのを発見!

かなり大きく身も厚い。そして何より、安くない?これ。大きな片身が250円だもんなぁ。

c0025348_21583588.jpg


ボラは川と海を往来する魚だけに、泥臭いと不評な魚。しかし、実家で食べたのは美味しかった記憶しかない…ということで購入に踏み切りました。

ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑によると、オススメの食べ方は「洗い」と「刺身」のようだ。

せっかく刺身用を買ってきたのだから、生で食べてみるのが一番ですね。

c0025348_21583685.jpg


ということで、洗いと刺身にしてみました!洗いは身を氷水に浸すだけ、刺身は切るだけの簡単調理です。

泥臭い?とんでもない!目隠しして食べさせられたら「生の牛肉??」と答えてしまいそうな味わい。

洗いは冷水で締めるだけなのに、刺身とは違ってコリコリした食感に早変わり。

んー、ボラ、侮れぬ。

[PR]
by riv-good | 2016-12-02 21:29 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る