カテゴリ:ナガサキコラムカフェ『AGASA』( 5 )

AGASA the 4th

c0025348_243866.jpgようやく第4号が手元に届きました。

前回に引き続き、今回も巻頭に置いていただいております。

(オレの文章次第で、購入欲を削がれてしまう方々も多いのでは…)

なんていう自意識過剰なプレッシャーを感じずにはおれません。

今回は10部入手。読んでみたい方は一声おかけください。ややうつむき加減で、頬を赤らめつつ、お渡しすることになろうかと思われます。

それにしても裏表紙をめくってビックリ。次の締め切りは、今月10日!

残すところ1週間。ネコの手を借りてでも仕上げます。
[PR]
by riv-good | 2006-12-02 02:43 | ナガサキコラムカフェ『AGASA』 | Comments(0)

AGASA the 3rd

c0025348_28445.jpg創刊から寄稿している『ナガサキコラムカフェ AGASA』が、早くも3号の発行を迎えました。手元に6部ほど届いたのですが、編集者のT氏がおもしろいチラシを同封してくれてビックリ。

2号の発売同時企画だったので時期はとっくに過ぎてしまいましたが、故・岡本太郎の作品「明日の神話」を長崎に誘致しようというイベントが催されたようです。その名も、10000人まつり!

遠方で仕事に追われている間に、AGASAは着々と成長を遂げている模様。これからの展開が楽しみです。


c0025348_25669.jpg職場付近、日テレ前で撮影。

設営中の「明日の神話」。
[PR]
by riv-good | 2006-06-22 02:08 | ナガサキコラムカフェ『AGASA』 | Comments(0)

ナガサキコラムカフェ・AGASA 第2号

c0025348_22143484.jpg風の噂によると『ナガサキコラムカフェ・AGASA 第2号』が発売になった模様です。

さっそく地元の編集人に頼んで、数冊、送っていただくことに。

今回は、このBlogでもたびたび登場している「実家のネコ」のことについて書きました。

書店で見つけた際には、ぜひご一読くださいませ。


★・・・・・


新小岩戦隊☆キャバレンジャー、2ndアコ・ライブの一幕。

気に入っている2曲です。

Piano

Original Sin

それから、新小岩戦隊☆キャバレンジャーでは相変わらずドラマーを募集しています。

サイトに公開している音源のような雰囲気で叩いていただければ、これ幸いです。
[PR]
by riv-good | 2006-04-10 12:18 | ナガサキコラムカフェ『AGASA』 | Comments(0)

ナガサキコラムカフェ『AGASA』創刊

c0025348_21122584.jpg去る12/3(土)、ナガサキコラムカフェ『AGASA』の創刊記念パーティーが長崎市内の「タイピント画廊」で催された。

発案から出版まで僅か3ヵ月。びっくりするほどの速さで創刊に漕ぎ着いたコラム雑誌が、今わたしの手元に在る。

執筆者は、わたくし衣谷(ゆう)を含めて総勢27名。編集長の梅沢氏によれば、

「珈琲を一杯ワインを一杯飲む間にひとコラム読める長さにしました」(編集後記より一部抜粋)

という意図により、2000字程度の長くもなく短かすぎない作品群が収録されている。

つまりこれ1冊でコーヒー27杯、もしくはワイン27杯がおいしくいただけるという寸法である。

すばらしい。

創刊パーティーは大盛況。執筆者のプロフィールなど伺ってみると、単なる文芸好きにとどまらず、多様なメディア・業界に通じている人ばかり。

そんな各種アーティストの集う読み物雑誌『AGASA』は、長崎市内の「好文堂」「メトロ書店」にて、なんとレジ脇に!並んでおります。

定価は500円(税込)です。見かけた際には、どうぞ御一読を。m(_ _)m
[PR]
by riv-good | 2005-12-04 21:13 | ナガサキコラムカフェ『AGASA』 | Comments(6)

故じいさんからの召喚

今冬、長崎にて創刊される某季刊誌に、わたしのエッセイを載せていただけることになりました。

おめでとうございます。

去る9月、「こんな季刊誌が企画されてるんだけど、何か書いて!」というオーダーを受け、仕事の合間を縫いに縫いまくって書き、そして知人に前読みなど協力してもらい、推敲を重ねてようやく入稿に辿り着いたのでした。

そんなわけで、私生活およびこのBlogを見事なまでに放置するという悲惨な結果を招いたのですが、自分にとってはまたとない機会を得たわけで、とても満足しております。

来たる12月3日(土)、その創刊記念パーティーが催されるとのこと。しかし、距離的・時間的な制約から参加を断念せざるを得ず、主宰者の方にも申し訳なく、

「いったい、いつご挨拶できるんだろうか」

と我ながら不甲斐なく思っておりました。

すると今日。突如として実家から電話があり、

「今年はじいちゃんの17回忌ばせんばいかんけん、帰って来んね」

とのこと。

「年末は誰でん忙しかけん、12月4日に…」

法要が営まれることになったそうな。

もちろん仕事は相変わらずの自転車操業状態が続いていて、とっても忙しい。でも、本家・長男の立場ということもあり、

「仕事がどうこう」

なんて言っていられないのです。

そんなわけで、じいさんに呼び出されたのも良い機会と思うことにして、12月のはじめに一時帰省することにしました。おかげ様で、12月3日の創刊記念パーティーにも出席できそうです。

さて、肝心の季刊誌ですが、今のところは長崎市内の書店で販売される見込み。全国区まで拡大すれば、こりゃひょっとするとひょっとしますぞ。

次号分の執筆も開始いたします。その関係で、またちょっとBlogも留守がちになります。

それと、掲載の関係で予告なしに過去ログが消えたりするかもしれません。どうかご容赦を。
[PR]
by riv-good | 2005-11-17 03:00 | ナガサキコラムカフェ『AGASA』 | Comments(0)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る