4週間の軟禁生活

c0025348_21305890.jpg

外出を控えて、気づけば4週間くらい経っていた。

例の「はやり目」に感染したのが3月中旬。感染力の強さゆえ自宅にカンヅメだ。

完治の目安となる2週間が終わる頃、次は娘が高熱を出した。診断の結果、アデノウィルスが検出された。

「はやり目」の原因もアデノウィルスではあるのだが、それとは型が違うらしい。ひとまず、この父から伝染したアデノではなさそうだ。

4日ほどで娘は平熱に戻り、ちょろちょろと家の中を歩き回っている。すっかり二足歩行をマスターしていて、もうハイハイをする気配がない。

そんな娘の姿から白無垢姿まで想像しようとした束の間、今度はわたくしが突然の発熱に見舞われて38.4度。

扁桃腺が腫れ、熱がひたすら高い。こいつはどうやら娘のアデノに感染したらしい…。

幸いこの熱は早々に下がったけれども、咳がまだしつこく残っている。子どもからうつされる風邪は猛威を奮うので、まったく油断がならない。

ということで、やっとこさアデノ系キャッチボール地獄から抜け出した。大手を振って外出できたのは4週間ぶりである。

諫早方面にクルマを走らせると、東長崎にあったファミリーレストランJOYFULが跡形もなく消えていて驚く。

僅か1ヶ月足らずで、浦島太郎状態だ。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by riv-good | 2017-04-08 21:05 | ヒトの衣谷さん | Comments(0)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る