江戸町・群来軒のちゃんぽん

過去の話題になるが、ブラタモリ・長崎編のエンドロールでのこと。

ちゃんぽんらしきものを食す桑子おねえさん&タモリ氏の姿。本編には出てこなかった場面が、スチールで映し出される。

twitterの反応によると、 このワンシーンを食い入るように見つめていた長崎県人は多かったようだ。

c0025348_23332223.jpg


「どこのやろか…」

県人たちは口々に呟いた。

この興味の核心は、「あの食通・タモリ氏に、いったいどこのちゃんぽんを食わせたのか?」である。

しかし一部の県人たちにとって、このちゃんぽん屋の特定は容易いものであった。

「郡来軒やね」

手がかりとなったのは背景だ。晴れなのか曇りなのか雨が降っているのか外の天気さえ窺い知れないブラインドの掛けられた窓。それである。

群来軒は長崎市の江戸町にある。歴史的史跡「出島」がある場所なので、フリープランで観光に来られた方なら無理なく足を運ぶことができる。

ただ、店の外観は"THE 中華料理店"のような派手さがなく、ぼんやり歩いていると見落としてしまう。出島側から江戸町商店街に入るとスグ赤い看板が出ているので、それが目印。場合によっては、客の行列が目印になるかもしれない。

群来軒のちゃんぽんはとてもシンプル。スープも動物性の脂っぽさがなく、旨味がある。一言でいうと上品。

もし長崎観光のスケジュールに余裕があるなら、初日からは他の店のちゃんぽんを食べ歩き、日程の最終日に群来軒を訪れてみるといいだろう。その上品さが何かを実感できるはずだ。

c0025348_11412269.jpg


さて、群来軒にてぜひとも達成したいことが1つある。

それは…

「タモさんの通された席で、ちゃんぽんを食べたい!」

おそらく二階の奥にある席なのだが、ここに通されたときのために、タモリのモノマネをマスターしておこうと思う。披露できるのはいつの日になることか…。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by riv-good | 2016-12-06 22:30 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る