【謹賀新年】2018年の三が日

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

正月一日は長崎の老舗料亭「坂本屋」のおせちで幕を開けました。

c0025348_21514591.jpg

そして、諏訪神社へ初詣。

c0025348_21565556.jpg

おみくじの結果は・・・大吉!

c0025348_22090046.jpg

「次第に運はひらけ幸福は増し、商売は繁盛します。しかし安心して油断するとせっかくの幸が禍となります。用心することです。」
はい、用心いたします…と誓ったその刹那から、わたくしは安心して油断してしまっていたのでしょう。

正月二日は、頭痛と発熱によりダウン!早速体調を崩してしまいました。

日付はあっという間に正月三日。

坂本屋のおせちも食べ尽くす頃合いとなり、家族からは「ピザ食べた〜い」とのコールが鳴り止まず、自家製ピザを焼きました。

c0025348_21580860.jpg

書き初めよりも何よりも早く、

ピザ初め。

よし、今年ももっとピザ焼こう。

以上、瞬く間に過ぎ去った正月三が日の出来事。

[PR]
# by riv-good | 2018-01-03 22:37 | ヒトの衣谷さん | Comments(0)

諫早市飯盛町【MORIYA】で日替わりランチ

自宅で料理に使っている塩は、有喜(諫早)の「なかよし村」か京泊(長崎)の「がんばランド」にしか売っていないという。

塩を買うついでに、諫早のMcCafeで一仕事しようと思い立ち、その日は「なかよし村」を目指して国道251号線へとクルマを走らせた。

時刻は間もなく正午。このままMcCafeに直行してランチもコーヒーも済ませてしまうつもりだったが、そういえば先日、デラックスバーベキュー・ビーフを食べたばかりだ。諫早に何か他の食べたいものがあるだろうか…と思いあぐねているうち「MORIYA」というお店ができたことを思い出した。

MORIYAは国道251号線の飯盛エリアにある。そこでランチを済ませて、McCafeではコーヒーを飲もうと決めた。

c0025348_00492981.jpg

店内の雰囲気は洗練されている。イスやテーブルには陳腐さがなく、デザインされたものが配置されている。BGMもシャレオツ。

(いかにもSuchmos(サチモス)が流れてきそうだな…)

と思っていたら、本当にサチモスの"Stay Tune"が流れ始めてきたほどだ。

ランチメニューには日替わり定食・日替わりオムレツ・日替わりパスタ・お子様プレートの4種類がある。

中でも日替わりランチは1日10食限定。MORIYAがいかなるお店かを知るにはコレがイチバン!ということで日替わりランチ(890円)をオーダー。ランチメニューにはサラダバーとドリンクが付いている。食後にホットコーヒーを頼むと、すぐにサラダバーを案内された。

c0025348_00494201.jpg

日替わりはワンプレートに4品のシンプル構成。からあげ・チキン南蛮・じゃがいものマヨネーズ焼き・諫美豚(かんびとん)と茄子の炒め煮。一品ずつがいちいち美味しい。ゴハンや味噌汁にさえ、一分のスキがない。諫早のポテンシャルの高さを思い知らされる食材群。すごいぞ!

食後はコーヒーを飲みながら、何度もメニューに目を通した。ほぼ無意識ながら次の予定を立てていた。

(このクォリティーならパスタもオムレツも美味しいに違いないし、わぁ、スパイシーチキンカレーもある!チキン南蛮ももっと食べたい!)

心のなかで大はしゃぎをした。このままでは、少なくともあと4回は通わなくてはならないだろう。

店を出てクルマに乗り込むと、もはやMcCafeでコーヒーを飲む必要がないことに気づいた。完全に満足してしまったのだ。

(そうだ。なかよし村で塩を買って、自宅に戻って作業をしよう)

帰宅すると、買ってきた塩をキッチンに置いた。数時間後、仕事から帰ってきた妻がそれを見て思いがけないことを言った。

「その塩、違う。美味しくないヤツ」

「えっ?」

1kgもの違う塩を買ってきたわたくし…また買い直しに行かねばなるまい。ついでにMORIYAでランチをせねばなるまい。

[PR]
# by riv-good | 2017-12-01 16:35 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

長崎の味噌ラーメン専門店「きりゅう」

c0025348_21122864.jpg

11月の中旬、中央公園を横切って市立図書館に向かう途中、新しい店ができあがりつつあるのを目撃。看板には「長崎発祥 元祖味噌らぁめん きりゅう」と書かれていた。

あらゆる日本初がひしめき合う長崎。「ボーリング」「西洋料理」「鉄道」「テニスコート」に並んで味噌ラーメンも長崎発祥だったのだろうか?と沸々と湧いてくる疑問を胸に、「11月17日オープン」と手書きされた張り紙を写真に収めた。

それにしても…味噌ラーメンとは期待が高まる。なぜなら、この地で美味しい味噌ラーメンを食べようと思うと、年に数回開催される長崎県民垂涎のイベント「北海道物産展」を待つしか無いからだ。

多くの人びとがこのイベントに期待するのは、北国ならではの海産物であり数の子やイクラの類だ。しかし、わたしの目的は1つである。イートインコーナーの味噌ラーメンをおいて他にない。

百貨店・浜屋のエレベーターに乗り込み8Fに到着するや、海産物に群がるご老人の間をすり抜けてイートインコーナーに直行する。唯一の気がかりはそこの混雑具合であって、数の子にどれだけの人数が並んでいようが気にも留まらない。

関東に住んでいた頃、美味しい味噌ラーメンの店には事欠かなかった。ラーメン激戦区だった松戸には有名店「美春」があったし、松戸駅前には「ひむろ」があった。「ひむろ」には賛否両論あるかもしれないが、メガネで髭の店員がつくる味噌ラーメンはとにかく美味しくて、誰が作っているかを窓越しに覗いた上で入店していたほどだ。

しかし、長崎に戻ってからは味噌ラーメンとはすっかり疎遠になってしまった。この地の麺といえば、ちゃんぽんであり、とんこつラーメンであり、うどんである。味噌ラーメンをレパートリーにしている店は皆無ではないけれども、食べてみたところでスープも麺も違うという感想しか持てなかった。

さて、きりゅうはどのような味噌ラーメンを披露してくれるのだろう。

c0025348_21075616.jpg

味噌ラーメン(700円)。これ!これ!味噌ラーメンはこれだよ!スープも麺も、これ!

ぷりぷりの中太麺。優しい味噌味。松戸駅前「ひむろ」の美味しい料理人が出してくる味噌ラーメンにとっても近い。まさに味噌ラーメンのスタンダード!もう北海道物産展を待つことは無いんだな…そういう確信を得た一杯。

今後もリピートします!どうか無くならないで欲しい。。。

長崎発祥・元祖味噌ラーメン「きりゅう」
長崎市栄町1-2 尾上ビル1階
※現在のところ昼のみの営業・不定休

【余談】隣りに座った兄ちゃんが「麺、バリカタで」と注文していたけど、味噌ラーメンにはそういう概念がない。たいてい硬めの茹で上がりで出てくるのだが、はたして気に入ってくれたのかどうか…。
[PR]
# by riv-good | 2017-11-28 23:15 | 長崎の呑喰道楽 | Comments(0)

約10年の関東生活を経て長崎にUターン。長崎の生活事情や日常に沸き起こる出来事を書き綴っています。歌も歌います。フードアナリスト協会 正会員。何者でしょうか?


by 衣谷(ゆう)
プロフィールを見る